Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「小さき天使」のこと・・・同伴者

Posted by 世羽 on 09.2013 天使考   0 comments   0 trackback
(つぶやき)たくさんの人が色んなことを伝えている。
むろん自分もそのうちの一人だ。
そして、思う。
多くの人にどんなに「特別な力」があるとしても、
また、多少、己にも何かがあったとしても
それで今すぐ、すべてを知りうるなんぞ、できないはずだ。

たぶん、この世を去って、異なる「どこか」にたどり着いたとしても
きっと、その先はまだまだ続いていくだろう。

守護の天使angelgardians

天使が復権したかのように
さまざまな書籍に紹介されるようになって久しいのですが・・・。

ときおり、自分の天使観・天使から受けるイメージは
多くの人のとズレているな・・・と感じることがあったりします。

もちろん「天使なんかいるか!」・・・という人もおられるでしょうけれど。

でも自分は、そのような存在を実際に感じ、助けてもらったりしています。
かといって、
よく一般書籍で言うような
また、よく見かけるような「なあ・なあ・・・といった友達感覚」ではありません
誇れるような体験でもないですから
誰かに話せる・・・そんなものでもありませんが・・・。

3人の大天使とtobias

自分は、そんな存在にある種の「敬意」を持っています。

特に「守護の天使」のようなものには特別な親しみもあります。

なぜなら、人生の「同伴者」のようにして、この身の喜び、悲しみ・・・諸々を
知っていてくれるからです。
時には、いくら助けを求めても
無視のような感じでほおっておかれることもありますが
そういうときはいつも、そこに教訓があることを追って知ることになります。

とはいえ・・・
そんな話しも、「個人の感覚で受け得る印象」でしかないでしょう。

で・・・ちょっとだけ、別の天使観をあげておくと・・・。

天使と名前がつけば、みな同じ・・・と思うでしょうが
宗教などの別によって、同じ名前を持っていても、異なる性質があったりします。
それは、本当の役割・・・というより
永い時間の経過のなかでの混乱もあったりします。

中世のころなどは、やたらにいろんなものに天使の名前をつけたりしましたから、
実際にいるかどうかわからない天使ができあがったりしています。
キリスト教で例にとれば、やたら「エル(神)」をつけて、天使化してしまったため
無用(?)の天使までできあがった次第です。
(ちなみにこれは、神道の「神さま」の一部などで同じことが言えるかもしれません)

大天使聖ミカエルarcangeloMichele

それはともかく。

もし・・・という程度で読んでもらえればいいですが・・・。
こんな話しもあります。

天使は「神」の知識をもっています。
そしてその知識は、天使が位置するヒエラルキーによって程度が異なります。

つまり、誰かが天使とコンタクトしたとしても
その天使が位置するところによって、
与えられる情報は「限られる場合がある」
ということです。

しかしながら、それが真に「天使」という存在なら、
彼らの人間に対する愛情は広く深いものです。

そして彼ら天使たちが、人間の想像をはるかに超えて、
如何に細かい配慮をもって守護しているか
・・・という事実に辿りつきます。

特に、個人に寄り添う小さな天使・・・「守護の天使」と呼ばれる存在は、
人が、弱さゆえに罪を犯してしまいそうになるのを防ごうとします。
自由意志で、それに気づき、人が罪を避けられたとき、その天使はすごく喜ぶようです。

とどのつまり、自分たちにまかされた霊魂を、
彼らは護り抜くことに全力をあげるわけです。

仮に、万一、人が何かとてつもない不祥事を起こしたとしても、
天使は自らが守護を任された「その人」に、寄り添うでしょう。

そんな天使たちには、違いがあったりします。
ある天使たちは活発で、別の天使は静かで、ときに臆病な感じを持つものもいたりします。

なので、こんなファンタジーな話しがあったりする・・・。

赤い服を着て、頭上に小さな冠をかぶっているのは、
「苦しむ人たちの助け」に派遣される天使。

白い服を着て、頭上に美しい冠をかぶり、いつも嬉しそうな顔をしているのは
「潔白な霊魂を世話する」任務が与えられている天使。

薄い青色に彩られ、真珠のような飾りものをつけた服を着て、
頭に美しいバラの冠をつけ、とりわけ美しいのは、
「子供たちのため」に送られる天使。

深紅の服を着て、自分たちの手を胸の前に合わせ、
嘆願するように頭を天のほうに向けているのは、
「罪人に寄り添う」天使。

これらの描写・・・ファンタジーかもしれませんが、
なんとなくわかるような・・・。

妖精のような天使zelf

天使に逢いたいという人はたくさんいたりします。

でも、その存在は、「視るため」に存在しているわけではないでしょう。
また、感じられないから、視えないから・・・といって、
存在していない・・・という証拠にもなりません。

これらについて
子供のような「夢」を持ってもいいと思うのです。

彼らの護りを知って、どんなときも「助けられている」と思えるなら
それでいいと思うのです。

色々な記録を読むと
彼ら天使は、笑ったり、泣いたり、時に人の姿をとって現れたり
場合によっては、さまざまな局面で、生命の危機を回避するよう動くのです。

それに・・・

人はいつも強くいられるとは限りません。

ときには多くの荒波にもまれるような時期が
人生には必ずやってくるでしょう。
そんなとき、「神」を信じられないまでも
一人ひとりに、いつも見護ってくれる存在がいる・・・そんなことを思えるなら
たぶん・・・それが、どれほど酷い嵐だとしても
乗り切る「よすが」の一つになるのではないでしょうか。

そして、天使を「感じる」には
子供心のような純粋さを持つ・・・
実は・・・・ここらに「鍵」があるようです。

天使のimage

今は使う人も少なくなった、こんな祈りがあります。
参考までに、残しておくことに。

わが守護の天使、御身は天主の御摂理によりて、
わが終生の友となりたまえり。
御身の尊きご保護と、絶えざる御導きとを感謝し奉る。
願わくは、御身の強き御翼もて弱きわが霊魂を覆い
危険を免れしめたまえ。
苦しみに会うとも落胆することなく、幸運においても思い上がることなく
世俗とその精神に流さるることなく
貧しき人をないがしろにすることなく
主の御慈しみにより、御身に委ねられたる我が一生が
すべて御身の喜びとなるよう、
われを導き、われを励まし、われを強めたまえ。
われを離れず、わが足のつまずかざらんよう
清き御手もてわれを支え、われを護りたまえ。




この場合は天使かどうかわかりませんけど・・・。

そして補足:自分が聞いたことのある、天使の歌声の「音質」に近いものがあったので・・・
歌詞のない高音のところです。






スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/108-4647ba3c

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。