Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある「神社」から眺めたユダヤとのつながり

Posted by 世羽 on 11.2013 歴史もの   0 comments   0 trackback
(つぶやき)当たり前だが・・・・・あ・暑いっ!!!

*****

日本を思うとき、どうしても浮かんでくることのひとつに
古代「ユダヤ」(古代イスラエルの意味を含む)とのつながり・・・があったりします。

この件は、それこそ多くの書籍になり出回っていますし
テレビなどでも放映されてきました。
なので
日本の風習、神道儀礼、そのほか様々な点で古代「ユダヤ」と類似点がある・・・ことは
すでにご存じだろうと思います。

ほんとうに色々ありますが、

たとえば兵庫県の曽根天満宮で行われる「一つ物神事」
古には
「一ツ物」という目に見えない神様の姿を具現化し、祭りの期間中「一ツ物頭人」に神様が憑依して、その役を担う子供が無意識に発する言葉を「神の意志」として受け取っていた・・・などとされる神事です。

そのひとコマを見ると・・・装束などが・・・と、改めて頷いたりしてしまいます。

一つ物神事image

一つ物神事2images

で、そのほか有名どころの事象は置いておくとして・・・。

伊勢神宮の元宮、「籠(この)神社」なんですが・・・。

この神社image

ここはかつて、
古代には、出雲神社よりも上位の社格を有していた・・・とも言われている神社です。

そして
伊勢神宮の神々がこの地から移られたことから「伊勢神宮の故郷」と呼ばれています。

社伝によれば

「神代と呼ばれる遠くはるかな昔から奥宮真名井原に豊受大神をお祭りして来ましたが、
その御縁故によって人皇十代祟神天皇の御代に天照大神が大和国笠縫邑からおうつりになって、
之を吉佐宮(よさのみや)と申して一緒にお祭り致しました。

その後天照大神は十一代垂仁天皇の御代に、
又豊受大神は二十一代雄略天皇の御代にそれぞれ伊勢におうつりになりました。
それに依って當社は元伊勢と云われております。

両大神が伊勢にお遷りの後、天孫彦火明命を主祭神とし、
社名を籠宮(このみや)と改め、
元伊勢の社として、又丹後国の一之宮として朝野の祟敬を集めて来ました」


そんな「籠神社」の81代目宮司、海部穀定さんという御仁が
こんなことを言っていました。

「奈良時代より前は、日本の神道は唯一神を崇拝していた」・・・と。

通常、神道といえば多神教ですから
八百万の神々を祀って奉じるというのが通常です。
しかし、この御仁に言わせるとそうではない。

彼はその唯一神を
「原初大神(げんしょのおおかみ)」と呼んでいます。

しかも、この元宮の主祭神「天火明命(あまのほあかり)」の御名前を辿ると
「天照国照彦天火明櫛玉饒速日命」(あまてるくにてるひこあめのほあかりのみことくしみかたまにぎはやひのみこと)となり。

つまり、ここに色々な神様が「一堂に会している状態」になるわけで・・・。
まとめて「一つになった神」にも解することができます。

それはすなわち、ユダヤ教でいうところの「唯一神」につながっていく・・・。

(神道の諸神名を奉じて、それを導き手として、スピリチュアルを推し進める諸氏の方々も多いようですし、その皆さんであれば、ここに何柱の神々の御名前が入っており、神道において、それらがどの位におられるかは、言わずもがな・・・かと)

さらに
この「籠神社」の社紋のなかには、
別所の複数の神社にも見られるように
六芒星を基調にして、そのなかに日輪と月輪を配しているものがあったりします。
(奥の宮の真奈井神社にもあります)

元伊勢絵馬image


神道における、そうそうたる神さまの複合名と思しき御名を冠する神社の主祭神が
伊勢神宮に繋がる。
この意味するところは、意外に深い・・・。

詳細にお話しすると、この辺りにいた諸氏のことなどもかかわってきますし
とんでもなく長文になりそうなので
軽く振ってやめておきますが。

ただ・・・。

一説によると
ユダヤの民(特にヘブライ人の場合)は、「とある星の末裔」だ・・・
などとも言われており
その民が人祖になってしまうような、そんな「異星人話」にまで
広がりを見せていきます。

さらに、

もし、この異星人話が、ある程度真実だとすると
その話しの一部は、
ゼカリア・シッチンの言う「アヌンナキが人類を創りだした」・・・
という物語に対して、食い違いを見せることになっていきます。

空の星へimage


さて・・・何が真実なのか
どこまでが、あっているのか。

メモっておきたい気がするものの・・・。
たぶん、多くの皆さんにはどうでもいいことですよね・・・きっと。



文字の比較など、明かにやりすぎのところがありますが
ちょっと見るだけなら見れるかな・・・と。



つづき





スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/109-b239f443

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。