Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまり「事実を知らされない日本人」・・・

Posted by 世羽 on 13.2013 時事ネタ   0 comments   0 trackback
(つぶやき)やっと、旅行代理店にも、某国への海外旅行を控える旨を旅行者に周知する動きが出てきた。あまりに遅いが、出ないよりましだ。

隣国とのオリンピック協力話・・・さらに謎が謎を呼び・・・ネットで炎上中
(意地悪の意味ではなく)技術協力もしたらアカンのです、本当は。
でも、そうすると、日本の選手に嫌がらせが来るかもで・・・。なかなか難しい。

揺れそうで揺れない日々が延々と続いている。体感的にシンドイ。
早めの「小出し」でお願いしたい。

牛と子供のimage

例外はあるものの、
国内のニュースメディアの多くが、
いわゆる「特定アジア(特亜)」の国々に関わる事柄を、曲げて報道します。

しかも、これらの国々について必要以上に美化して伝えますから
今に至ってさえ、
それらの国が「素晴らしい、素敵な国だ、行ってみたい」と思う人が
いるようです。

一方、まったく別の面で
「日本の犯罪も残虐性が酷くなった」と感じる人も
多かったりします。

しかし、
凶悪事件を起こした犯罪者の素性・・・。

これはダントツで「特亜の人」が多く
犯罪史上に「名を残した凶悪事件」の犯人も、
割合でいくと、根っからの「日本人」は少ない・・・。

ここらはややこしいですが、
特亜出身の犯罪者が「永住権」を持っていると、
「日本人の犯罪者」扱いになり、日本人の数としてカウントされてしまいます。
ですから、それらを正確に差し引くなら
データー内の「日本人」犯罪数はグンと減るのです。

永住権を持つ外国人の犯罪image

そのあたり、
ニュースメディアは、事件の実態を隠したり、
犯罪者の素性をぼかして報道しますから、
「日本人にそんな残虐性があるなら、きっと他国を侵略して
悪いことをしたに違いない」
・・・という
ヘンテコな発想をする人まで出てくる始末です。

(それは、むしろ・・・他国にそっくりお返しできる言葉で・・・)
脱亜論image


最近でこそ、事実がネットで拡散されるようになり、
気づく方々も出てきましたが
実態の多くはまだまだ闇に閉ざされています。

たとえば、
日本国内で百人にものぼる女性をレイプした某外国人の性犯罪者がいても
まったくといっていいほど報道されません。

日本女性がバリで、「特亜の犯人」に入院するほど酷くレイプされ、
風光明媚なリゾート地が大混乱を起こしても

そんなことがあった事実は、報道されません。

先進諸国が「ほぼ」そうであるように
日本でも、外国人が罪を犯して「1年以上の有期刑」が確定したなら
永住権があっても、その権利が剥奪され、国外追放できます。

ところが、
特亜のなかの、永住権を持つ「ある国」の方々にかぎり
「7年以上の懲役」を受けた場合のみが、国外追放の適用対象となります。


これは、「殺人を犯したとき」のみ「追放」できるということで
他の永住権をもつ外国人と比べると破格の待遇です。

さらに、この
在住権をもつ「ある国」の凶悪犯罪者に、国外追放を執行した法務大臣がいたか・・・
というと・・・皆無です


どんな「極悪非道な罪」を犯しても、これら特殊な身分の人たちは
誰ひとり、国外追放になることがありません。


なぜ、この人たちだけが、特別扱いになっているか・・・ですが

これは

過去において「朝日新聞」が大嘘をでっちあげ
既成事実であるかのように流された情報・・・
つまり、いくつもの「歴史認識問題」が発端で

日本が戦中に犯したという「罪」の
“贖い代わり”に特別待遇
になったと言うのです。

誤った歴史情報に、いまだ公式な反論一つせず
論議もせず、
法を見直すこともなく受け入れている日本・・・。


これはどう考えてもimage

以前にも書いたように
この「特別待遇を与えられている方たち」の本国では
真実を知り、声を出そうとした人々もいます。
ですが
国がそれを認めず、弾圧してきたのは、ご存じのとおりです。

つい最近でも、
「親日罪」を強化し、親日家たちのさらなる財産の没収に取り組みました。
「少しでも日本を弁護したら、無一文にしてやる」・・・です。

これは、その国の上部が、ずっと続けていたことで
恐怖で国民を支配し、偽りを教え続けているのですから、
国民のマインドコントロールなんぞが解けるわけがありません。

日本国内でも、彼らの本国でも、
これは上に立つ人たちの「罪」と言ってもいい。

持たなくてもよい「悪感情」を、老若男女に植えつけているのですから・・・。

そして・・・

多くの日本人は、
主に「対外的な面」のみに、悪感情を向けていますが
むしろ、
糾弾すべきは
国内にいる、「自国を貶める」人々、彼らの情報発信です。


日本人なら、ここにもっと注意を向ける必要があります。

偏向報道のマスコミたちimage

金銭欲、誤ったプライド、傲慢な心の持ち主が
彼らの側についていきます。


「自国を貶める」思想・主義の発信を担う報道機関もさることながら
こうした現象は、いくつもの宗教団体にまでおよんでいて・・・。

宗教団体を営みながら
表で善の顔をし、
裏で、とんでもなく阿漕なことをしている人たちもいます。
しかも、彼らは深い闇の部分で政局に影響を及ぼす力をもっていますから
問題を複雑にしています。

真実は一般信者(特に日本人)には知らされません。
善意の信者の多くは、
信仰を実践しているようでいて、その実
単なる「思想活動のコマ」として使われているに過ぎなくなります。

本来、宗教については、
教祖たる人物の品格や、教えの本質に十分すぎるほど注意を払い、
見抜く眼をもたねばなりませんが
それを出来ない人が多い。


せめて
多額の金銭がかかる宗教は、ほぼ100パーセント「偽り」だと思って
いいくらいですが、
信じる側の「これを信じることで・・・が良くなりたい」などの欲があるかぎり
それを見抜く眼は曇ったままです。


(精神世界と呼ばれるジャンルでの情報選びと同じです)

一つだけ、ニュースメディアについて擁護するなら・・・

ジャーナリストや報道関係者にも、
心ある人たちはたくさんいます。


しかし・・・

あまりにディープに事件の闇を探っていったりすると
ある日突然、
東京湾などに「骸」をさらす日や
起きるはずがない事故に遭う日
あり得ない方法で自殺にいたる日が、やってきたりします。

別件の場合ではありますが、
たとえば、あるジャーナリストは
「後ろ手にした両手に手錠をかけ、口の中に靴下が詰まった状態」
で死亡しているのを同居している家族に発見されました。
けれども、捜査に当たった警視庁からは
「事件性はなく」「事故の疑いが濃厚」・・・と、片づけられてしまった。

本気で何かを追求するなら
バックに信頼できる強い後ろ盾がない限り
報道できないことが多々あるわけで・・・。

ある意味、「命がけでないとできない」ことがあるのです。

自殺の9割以上が他殺image


で・・・改めてお伝えするなら

仮に、このような真相が十分知らされないとしても
日本人が、この敷島に生を受けていることには意味があり
日本がこれまで培ってきた特性、長所、誇りを改めて取り戻すことで
心の感性が、直感に訴えてくれるようになります。

日本人のもつ視えない力の特性は、こうして使ってこそです。
しかも、その力は、本来皆に等しく眠っているのですから。

出来うるならば、
その「力」を、ふたたび取り戻すことを意図してください。
さらに強めてください。

それが強まれば強まるほど、
起きていることの、何が「真実」なのかを見抜くことが容易くなるでしょう。


見抜くことには、暴力も非難も、差別意識も生じません。
ただ、見抜いて、知るだけです。

ご健闘を祈ります。


窓の外の星image






スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/147-4cb0086e

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。