Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何気ない「ふたつの力」

Posted by 世羽 on 08.2013 語り   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
大地の動きが・・・地球規模で大きくなっている。
かなりの変化が起きている感覚がある。備忘まで。

とある海上のimage


たとえそれが、どのような「神」の名前を冠する存在であっても
また、名も無き不思議な力をもつ存在であったとしても

それが真理から派出する存在であるなら
この「存在」に接する人は

限りない柔和、謙遜で満たされるでしょう。

その存在を内なる心で感じるとき
人は、感じる度合いごとに変容され、隣人に対する愛そのものになり
「柔和で謙虚」になっていくでしょう。

広義の「神」という存在は、
たとえそれを知っている・・・と想ったとしても

どのようなものかは
言葉ではけっして表現できないでしょう。

それは感覚が告げる真実であり・・・

「理性」ですべて理解できる・・・と考えるなら
それは空しいことです。

なんかのimages


ときに人は、

さまざまな視えざる諸力、諸霊によってもてはやされ
おだてに乗ることがしばしばあります。

そして

それを引き寄せる最大の原因が
高慢心だ・・・ということが、なかなか分かりません。

天使のようなimage


天使のようなものも、人間も、ある程度の理性を有する生き物なら
その「生命体」は
二つの能力を持っています。

一つは「知る力」
もう一つは「愛する力」


この二つを生み出したのは、
人智を超えた、人が「神」としか形容できない
不可知な存在です。

その存在は、
「知る力」においては、
いつまでも「知られざるもの」で
ただ「愛する力」によってのみ、到達しうるものです。


そして、この力の程度は、個体によって差があります。

なぜなら、その存在は

“思考”では「つかめない」けれども
「愛の力」によって、はじめて「つかめる」ものなので
「愛」がどれだけ心にあるかによって
「神」と呼ばれる存在を知る度合いが異なってくる・・・

からです。

よって古くから
この状態は「愛の奇跡」と呼ばれたりします。

人の光りのimage


そして
古(いにしえ)から起きた「多くの信仰」の形態の基本もここにあります。

しかもそれは、

本来は現世利益のためのものではありませんでした。

強制的な勧誘によって導けるようなものでもなく、
正義をふりかざすためのものでもありませんでした。



人が「神」を知り、「神」と向き合うための愛・・・とは
もともと、誰にでも与えられている素朴な
けれども最大の力です。



今、「神」なる存在は、
現代的な、色々な言葉に置き換えられてもいます。
それでも
この基本は不変です。

すると・・・。

人が、それぞれ
自身や他者が抱く「愛」の感覚がどの程度かを見極めるなら
「神」の本質を、
ほんとうのところ、どのくらい知り得ているかが

“何とはなしに”だとしても、把握できる・・・
ということです。


「愛の力」は、生涯かけて人が培うもの。
素晴らしい目的になるものです。



愛のシャワーのimage


そのために人は生きている・・・。


少しだけ・・・そんなことを・・・。


      あなたは愛した。
     そして
     それ以上のものになるよう呼ばれている。


                  ―――アニー・グレー―――



なんかの子供とチョウチョのimage





スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/161-079c8c23

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。