Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっと、「何か」がどこかで・・・

Posted by 世羽 on 19.2013 科学とスピリチュアル   0 comments   0 trackback
(つぶやき)夜のしじま・・・という言葉があるけれど
近頃は、地下からの極微震動と、唸る音に翻弄されて
今は「しじま」どころではなく。
かれこれ3週間を超えてつづく、この騒音状態。
聞こえてくる範囲が広すぎて出口がつかめない。


スパイ衛星のimage


地球上空には、いろんな目的を持った衛星が飛翔しています。

そのなかで、解像度がきわめて高く、反面どれほど詳細な情景が見えていても
「絶対的な秘密」とされている「軍事偵察衛星(スパイ衛星)」があります。

最近、かなり昔の米国軍事衛星の画像が公開されました。
今までは、トップ・シークレット扱いされていた資料です。

トップシークレットのimage

実際には、それら画像は、ほんの一部にすぎず
どこまで、ズームして、どんなものを撮っていたかなど
ほとんどの詳細は闇のなか・・・というのがもっぱらの論評で。

すぐる数十年前
アメリカのスパイ(偵察)衛星「KH-9 ヘキサゴン」
(地上の約60~90cm程度を識別)

アメリカのKH9型スパイ衛星のimage


・・・が撮った衛星画像はこんな感じです・・・。

アメリカのスパイ衛星の画像image


アメリカのスパイ衛星の画像2image


アメリカのスパイ衛星画像image

(上記とは別の参考資料画像:北朝鮮)
衛星が撮った北朝鮮のimage


そういえば、グーグルアースの初期のころ
よく、こんな動画が投稿されていて・・・。
(今でもけっこうありますが)



とにかく趣味一筋の感で探すのでしょうが、なんか職人業のようで、大したものです。



最近では、こうした“民間”の衛星画像でさえ、
精度がすごく向上していますから

今どきのスパイ衛星となれば
どれほどの精度を有していることか・・・。

映画の世界でも、こうした衛星を駆使する話しもありますし
それは、けっこう真実に近いところを突いているのでしょう・・・。


スパイ衛星の撮った画像image


ペンタゴンの衛星写真のimage


何かの探索中に、地上でこんな光景があったとして、


馬の背中で昼寝のimagejpg


モニターする人が、偶然、目にすることも、
絶対に「ない」・・・とは言い切れません。

しかも、そんな光景さえ、とりあえずは記録されて・・・。

ですから、ちょっとした・・・「神の眼」もどき・・・とさえ
言いたくなったりします。



で、さらに。カテゴリーの手前上・・・心話しをつけ加え・・・。

ニューエイジ系の方なら、知らない人はいないぐらい有名な「アカシックレコード」

歴史的な事実もさることながら、個々の人生をもすべて記録するという・・・これ。

アカシックレコードのimage


たとえばいつの日か、
それを「誰でも」、自由に読めるようになって・・・。

自分の「記録」を誰かが読んでくれたとき
人生での行いを、「正々堂々たる」記録として残せていたなら
どんなに素晴らしいことでしょう。

一方、誰にも、わからない、見られるはずがないと思っていると、
けっこう「よろしくない」ことでも平気でやれるのが・・・人間・・・。

でも、「神」さまは、すべてお見通しで・・・。
いえ、たとえ「神」でなくても
人の行いは・・・あますことなく記録されており・・・。


なにがしかの、ほんとうに霊的な能力を持っていて、
こうした「霊的な記録」について、とりわけ造詣が深いなら
人の道理に外れたおかしなことが記録されると思えば、
そう容易く業(ごう)を積むマネはできなくなっていく「はず」ですが・・・。

そうでない現実も見え隠れして・・・。

それは・・・
自らの「記録される内容」に注意を向けるのを忘れているにほかならず・・・。

ましてや、それに、まったく気をつかわないでいるとしたら
他者に人の道を説くのは・・・・・・・・・・。



重ね行く、尊い人生の日々・・・。

現代では、当たり前であるはずの、最低の倫理観や道徳観も薄れてしまい
「すべてが許される・・・」と思わせる風潮・・・。

それでも「霊的な記録」には、たんたんとすべてが記憶されてゆく・・・。



人はみな、「霊的な図書館」に納めるにふさわしい一冊の「本」・・・



アカシックレコードの2image


でき得るかぎり汚点を少なくし
精一杯、美しく輝いたものとして納まったほうが
どんなにいいか・・・と。




      はかりしれない内面の深みが、その人を美しくさせる。
                   ―――マーク・ラザフォード―――





この動画・・・視点感覚を地上におくか、
天側におくかで、何が回転しているかの印象が変わります・・・
感覚がつかめると何気に面白いかも・・・です。






スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/167-652c7558

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。