Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リスさん」のいるひとコマな・・・

Posted by 世羽 on 13.2013 そこはかとなく   0 comments   0 trackback
(つぶやき)昨晩は睡眠時間が少なすぎて・・・。
だけど、災害にあった人たちを思えばそんなこと・・・。
フィリピンのことも祈っている。がんばってほしい・・・。

冬の夜空にかかる月なimage


遊び書き・・・です。

*****


以前から参考にしている聖母マリアの幻視のなかで
こんなことを聖母が言っています。

「愛するとは、感情と利益を超えて、相手に満足を与えることです」

・・・ふむ・・・。

とは思っても、
だからと言って、それがすぐに身につけば苦労はありません。

これは、とにかく日常の生活で体得していくしか手がなく
いちばん“身近な”練習環境は、家族や夫婦というあたりになります。

あるとても仲良しの
リスさん夫婦がいたとして・・・。



ご主人リスさんは、外へ出て一生懸命働いていたりします。
(もしかすると、奥リスさんもかもしれません)

生きていくには、とにかく食べるために働いたりします。

リスさんの苦労なimage


こんなことも・・・

リスさんの苦労な2image


こんなことも・・・

リスさんの苦労な3image



途中で、子リスも生まれたりします。

リスさんと赤ちゃんリスのimage


で・・・互いが忙しくなると・・・


「ただいま~っ」と、おみやげを持って家に戻っても

リスさんのおみやげもって帰ったよなimagel



以前なら「お帰り~」・・・とか優しくできて

リスさんのあらっなimage



話しも「それで・どうしたの?・・・」
などと聞き合ったりできたはずが


リスさんのふんそれでなimage



どちらかが、日々“ぐた~っ”としているのを眺めているうちに
ムッとしたくなることも出てきて


リスさんのお疲れなimage



「あたし・・・最近美貌が衰えたかも?・・・
あの人のせいで疲れているのね・・・」
などと思いこむことさえあるかもで


リスさんの鏡よ鏡なimage



お互いがそれぞれに「うっ」・・・と、けっこう堪え忍んでみるとしても

リスさんのああっなimage



突然双方が、積み重なるムラムラとした怒りをどうしようもなくなり
ささいなことで大きな喧嘩になることも。


リスさんのこのバカっなimage



で・・・「もういやだ~っ!!!」・・・などと叫ぶ事態も頻発。

リスさんののおおおおっなimage



あげくは、そういう時にかぎって
けっこう、色々な誘惑に弱くなったりするわけで。


リスさんの浮気なimage


ここが我慢のしどころ・・・
お互いを思いやる転換点なのですが、
お互いが気づけなかったりします。


でも・・・たとえば・・・
ふと・・・こんな言葉が浮かんだら

前を歩かないで
ついて行けないかもしれないから。
後ろから来ないで、先導できないかもしれないから。
並んで歩いて友だちになってほしい。

               ―――アルベール・カミュ―――



一緒に歩いてきた道のりを想い出して
ちょっとだけ、我にかえってみたりすると・・・


リスさんのりりしい横顔なimage


お互いが忘れていた「思いやり」が
どれほど足りなかったか・・・に気づいたりすることもあって。



愛するとは、目と目を見交わすことではなく
ともに同じ方向を見るということ。

        ―――アントワーヌ・ド・サン・テグジュベリ――

愛するとは
あなたが苦しむとき、わたしも苦しむということ。

                  ―――アベ・ピエール―――


などと・・・気づき・・・

リスさんはお互い“ほっこり”・・・
何となく新たな力を出せるように感じるようになって


お互いの良いところを見直せたりも・・・。

リスさんのイチャイチャなimage



元気を取り戻したリスさんは頑張ります。

リスさんのあらよっなimage



そして、ますます一生懸命生きていく。

リスさんの異なる行動なimage



そんな姿を見た子リスは、
きっと大きくなってもお父さんとお母さんの後ろ姿を追い
まっすぐ生きていきます。


リスさんの明日に向かって的なimage



仮に、シングルなリスさんのおうちであっても
愛情をたくさん受けた子リスは、まっすぐに育っていく・・・。


リスさんの子育てなimage


愛を最初に知るのは、主に家庭からです・・・。
どれほど異なる家庭環境であっても、
それが暖かな素晴らしい家庭だ・・・と感じられるようになれば

いつの日かそれは、最高の誇りに通じるものだと・・・。




リスさんのご登場なimage



愛する心の喜びは、その人の顔をいつも輝かせる。
              ―――ヘンリー・ウォード・ピーチャー―――




冬の街路灯のimage




スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/183-30a060b3

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。