Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球の「道行き」の途上で・・・

Posted by 世羽 on 20.2013 語り   0 comments   0 trackback
(つぶやき)なんとなく、どこからか教えてもらっていることを言葉にしようとすると
詰まってしまう。うまく理解できていないからだ・・・。
(つくづく力不足を感じる)


冬の景色と星空なimage


これまで・・・
一般に流布されている“意”と少し異なること
「人は、自分たちの思うほど大きな存在ではない」・・・と
宇宙の広大さを引き合いに出して、それとなくお伝えしてきました。

とはいえ、けっしてそれは“人の存在が重要ではない”・・・
という意味ではありません。

人は今、さまざまな方法で意識を拡げようと努力しています。
それが無駄なこと・・・という意味でもありません。

ただそこに、多少の誤解が伴われ・・・
かつての「天動説」のようになりかけている可能性がある
ということです。

今の世、
“この宇宙”だけでも、
人のあずかり知らない生命体が溢れていることについて
多くの人が「そうだろう」と、感じています。

他の星に住む生命体には
触れることのできる“身体を持った存在”の多いことも・・・。


動きのある星くずたちなimage


彼らがかなり進化していて、
彼らの述べる究極の最高意識を饒舌に語ったとして
すでに完全にその「意識」を把握し、繋がることを果たしているなら
今に連なる星間闘争の歴史を歩んではいないでしょう。
けれども、実際はそうでもありません。

そこには、語られていない事柄がたくさんあります。
(それはまたいつの日かに)


スペースシップがあるようなimage


人には右脳、左脳がありますが
これがひとつに結合されて
人としての処理能力を発揮していることはご存じと思います。

でも稀に、これが別々に働くことがあります。

たとえば、ある種の精神疾患を煩い、左右の脳が連携を欠くと、
身体の左半分で大嫌いな精神科医に暴力をふるい
身体の右半分がそれをなだめる・・・
ということが起きる場合などです。

このとき、この人の身体は、繋がりを欠いた右と左の脳によって
二つの肉体を感じている状態です。


脳のimage


似たようなことが個人の“意識や心”で起きているのが、
今の人にたとえられます。

人はそれを朧気に自覚し始めると、自発的に調整しようとしますが
うまくいかなかったりします。

調整すべき原因が、何かの不足から生じていると捉えられると
別の何か、別の個体から充足を得ようとして
物質を過度に求めたり
ときに、恋人など、他者からの繋がりを強固に求めてみたり、
ときに調整を他者に委ねて、
不足と感じてしまったことを補おうとします。

ですがこの調整は“最終的に”、
人それぞれが個々に行う必要があること・・・。

人は
PCやパッド、スマホ、携帯がネットを通して
どこかの情報につながることができます。

同じ機種を使用していても、
使うアプリ、使う詳細な機能は人によって異なります。
そこで愛機の個性も生まれたりします。

人はネットで繋がった他者の思考を知ることができ
ときに、一体感すら覚えることができます。

ですが、それだけでは、
依然、あなたは「あなた」、誰かは「誰か」・・・。


脳の同期のimage


今の状態での“宇宙の本質と人の関係”は、少しそれに似ています。

もし、“言葉の上”だけでなく
まことに「誰か」が、まったく自分と同一に感じたなら
人は誰かを殺したり、傷つけたり、罵倒したり、
さげすんだりできなくなります。


誰かにしたことは、自らにしていること・・・と感じるのですから。

当然、他者に“痛みや苦しみ”があれば我が身のごとくに感じ
“無碍な態度”もとれなくなります。
励ましたり慰めたくなります。
不正を戒めるときも、そこには慈愛が宿ります。

苦しんだり、道を逸れていると思われるのは
「誰か」でなく「自分」なのですから・・・。


多くの人が今、そうした心境になれるかもしれないことに気づき
実際そうなる途上にありますが、
対象が自らと「まったくひとつ」と感じるには
意識を“別のところ”、創造の大元に繋がなければ叶いません。

そして、たいてい
究極の大元に“完全に”繋がるための器は、
自然な流れで培われていきます。
たとえ今がそう感じられなくても
ここに、“取り残されている”かのような焦りや心配はいりません。


脳のシナプスのimage


“忘却の暗闇”の時代から永い旅をへて
個人と個人を、
また、人と“そのほかすべての生命”をつなぐものが
エネルギーとしての「愛」であると、
人は“改めて”想い出しはじめました。


一方、この地球上には、それができずに
さまざまな生命を傷つけ、殺傷する地域もあり
個人のレベルでもさまざまな事象が絶えません。

けれども、一人でも多くが、それを相殺するだけの
いえ、それ以上の「愛」の力を出せば、
他者が引き起こす事象を消し
知らぬ間に、自他を“調整”し、
大元へ繋がる霊的なシナプスを活性化していくことができます。

その、いちばん安全で、誰もが日常生活でできるやり方・・・。
それが

人それぞれの生きる場所で、
「愛」の力を表し、その力を強めていくことなのです。


すでに何度も繰り返しているように・・・

地球の未来は人の手に託されており
土壇場にあるとはいえ
今も、完全に定まってはいません。

人の優しい想い、心、存在は
地球全体の道行きを善き方向へと導く“助け”、
“よりどころ”ともなっていきます。



まわる地球のimage


どれほど成長に努力を重ねていても
心に荒んだ風が吹き抜けるときが必ずあります。
痛みを感じることもあります。
それはたいてい“他者がらみ”で起きます。
(これからは自然の起こす出来事もあるでしょう)

けれど、その時こそ
愛を実践する絶好のチャンスにほかなりません。


どのような方法でそこから抜け出たか・・・も大切ですが
抜け出るために愛の強さをふりしぼるとき
その姿が、まわりの人の“心”を動かします。


これは、理屈ではなく、人それぞれの経験そのものによって
自他を“実際の愛”によって昇華すること
そして、大元に自らを繋ぐ道にほかなりません。


意識の進む先を行く人ほど
この実践を望まれているとしたら・・・・。


小窓な宇宙のimage


この星に生きる“すべての生命”のために
果てはこの宇宙の、あらゆる善き存在たちの願いのためにも
より多くの人々の「愛にあふれた姿」が
“互いの助け”となっていきますように。


そして何より、

たとえどんな「調整の日々」にあったとしても
みなさんがそれぞれの“幸せ”を見失うことなく、気落ちすることなく
進めますように。



      あなたは決して
     神の愛を失うことはありません。

            ―――ジャック・ドミニアン―――



*****

(文末に軽いジョーク)
こんなこと・・・www。

地球を救うの巻なimage


*****


そして・・・ねずさんのブログに「拡散希望」とありましたので・・・自分も
(これもある意味、愛の形が実った出来事だろうな・・・と)






スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/187-6901f521

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。