Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いにしえの教えから・・・

Posted by 世羽 on 11.2014 つぶやき   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
建国の記念日・・・どれくらいの人が日本という国に想いを馳せただろう。
たぶん、多くの人には、単なる休日かな。
そうして、日本の類い希な歴史や文化は
少しずつ忘れられてしまうのかな・・・。
そうならないことを切に願うが・・・。


とある少年とワンコ2image



近年、地底人の話が流れて話題を呼びました。
それらについては、すでに知っていた方もおられるでしょう。
というのも、昔から伝えられていたことでしたし。

地球という星の「内部」に何があるかを“肉眼”でみた人は
ほとんどいません。
おそらく、世間一般の人がそれを知ることは
先のことだと思われます。

ですからそれまで、人の口にのぼるのは、
少しの情報からくみ取れる
想像の産物になるでしょう。


とある地底の画像mage


しかしながら

太古から現世に渡る時のなかで
多くの「神の化身」と呼ばれる存在たちが
表現する言葉や、切り込む形は異なっても
色々なことを説明してくれています。

そこには、

“霊的な存在”“物理的な存在”がいて
いわゆる
地球という星のために利益をなす存在たち
闇の波動に“完全に同調してしまった存在”たち
このそれぞれに属する者たちがいると・・・。

彼らのなかには、その起源が、
宇宙、宇宙の星々、そして「地球創世の歴史」にまつわる
「光と影の歴史」にまで遡るものがいる・・・とされ

とりわけ強力な・・・“闇の波動に属する霊的存在”たちは、
幸いにも、ある程度「封印」状態にある・・・と。
(似た存在は、もちろん地球のまわりにも)

太古から、
特に、こうした“闇の波動に属する存在たち”に対して
その波動から抜け出すように
幾度となく、さまざまなアプローチがされました。
しかし、
彼らはそれを、自ら拒んだ・・・。

しかも彼らは、地球上への、
すなわち人類への影響力を失ったわけでもなく
あらゆる機会を通じて、人に接触している・・・と。

実際に

彼らの力(特に霊的な面での力)を引き出して使おう・・・
とする人間もたくさんいて
黒魔術における“闇の存在の召喚”や、
エロティックなサバトなどが、それに含まれます。


とある悪魔的な儀式imagejpg


とあるオカルト儀式(スウェーデン)image
                           (スウェーデンのドキュメンタリーから)


また、降霊術を好んでする者は、
こうした闇に引き込まれる危険性が非常に高くなる・・・と
伝えられてきました。

この警告は、超能力との識別が混同されるためか
そのように口にすると、批判されたりします。

しかし、

世に言う、“闇の波動の浸透”を防ごうとしている存在
人のみならず、霊的な存在でも
また宗教の区別とか、関係なくいるわけですし・・・。


とある虹の光輪なimage


こうした事実の重要性、
また、依然として残る
霊的な汚染の何たるかについては、
意外なほど、軽く見られているようです。
(それは、闇の存在を喜ばす)

“闇の波動に囚われた霊的存在”が光に帰還する道程は、
人性のなかに組み込まれた
陰陽の統合とは比較にならない厄介なものです。

ちなみに、いにしえからの教えは伝えています。

一般大衆は、今の瞬間のこと以外、
先のことは極めてわずかしか見ていない。
彼らは、自分たちの人生の「特定の瞬間」の
“物質的に影響を与えることのみ”しか考えないだろう。


過去のことを忘れ、未来を予見できずに
今日のみを生きているだけである。



これはけっして、今という瞬間を否定する言葉ではなく

今という時を生きるにあたり、
過去を想起して、今を賢明に使って未来を築くとき
過ぎた欲望に囚われるな・・・ということを暗喩しており、

言い換えれば

“欲望”を焚きつけて人を操ろうとする存在の影響を防ぐ
「心の指針」
となります。


とある神々しい太陽なimage


今の時代は、ひとつの終焉の“始まりの時”。
一方で「啓示」の時代でもあります。

今の新しい教え・・・と呼ばれるものは
新しいというより、やっと今、
人が“想い出した”もの。
それは、はるか昔から存在していた教えを自覚し始めたこと。

であれば、
その見出した教えに付随する、
“別の部分”も視野に入れておくことは
けっして損にはならないはずで。

人が人を、闇に引き込むことだけは
絶対に許されるものではありません。
それは、宇宙の真理への抗いだからです。


厳しい警告もあり
こう伝わっています。

かつての“高貴かつ偉大な存在たち”の教えを紐解く者は
それなりの準備と資質を備えた者
彼らに、その教えは明かされる。


その教えを、「この世の権力」を支配する“道具”として用い
自分自身の個人的、現世的権力のための“欲求と目的”に使うことは
脈々と伝わる叡智を破壊する者である。



けっこう・・・シビアです。

そして、世の一般の人々に、こうも・・・。

“嘘と偽り”は、人の神性を穢していく。
それから離れよ・・・。



人は現実面でこそ、幸せになりたいですから
さまざまな手法に、実際的な救いをすぐに求めたくなります。


とある誰かの祈り的なimage


ですが、それを、し続けているうちは
真理を見出す“心眼”を育てるのは難しくなるでしょう。

スピリチュアルに興味を持つ人は
真理を「知りたい」・・・段階まで招かれています。

だからこそ、繰り返してみたいと思います。

人の魂の目的は、
単なる「この世の楽しみと幸福の追求」や、
「現実世界の創造」だけにとどまるのではなく
さらに、そこを越えた先に進むこと・・・。



とある少年とワンコimage



・・・と、言ってみたものの
そんなの、どうでもいい・・・かもしれませんね。


で、そのどうでもいい話はさておき
日常の、あらゆる防御となる「心の基本姿勢」のひとつ

出来うるかぎり明るく、“嘘や偽り”のない人生を
希望をもって生き抜いて行く・・・



そんな言葉を改めて
文末にこっそり残しておきます。




とあるワンコの冬のブランコimage



スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/231-a3e5386b

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。