Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも頑張ってる日本・・・

Posted by 世羽 on 16.2014 つぶやき   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
ゆえあって今、
何にも優先して
自身の心の浄化と研鑽に時間を割いている。


とある冬の犬そりと太陽image_convert_20140216155127


ここでの書き物のなかで
日本を題材にとりあげることが多いのですが・・・。

というのも

つたない自分の眼から見ても
日本という国は
これまで
いわれのない数々の「罪」とやらの糾弾や
さまざまな印象操作や、
国内外からの酷評があいまってボロボロにされ過ぎた・・・
そう感じているからで。

また、日本という「国の単位」に暮らす人たちが
大戦以後、戦禍にあうことなく、
ある程度幸せにしていられるのは
やはり、多くの先人たちが
生命を賭して「日本」という単位を残してくれたからだ
と思っているからで・・・。

その、国の姿
とある存在の写し絵として心に上るから・・・かもしれませんけれど。

話は飛んで

現在、開かれている冬季オリンピック・・・
採点競技についての“疑惑”が以前からずっと続いています。

そのころはまだ、
某国が「こんなにスゴイ」という宣伝に誘導されるあまり
「妙だ」「おかしい」と声を上げている人は少なかった・・・。


とある暴露image


とある疑惑の暴露image


その時期、国民同士がしていた非難の応酬はともかく
巻き込まれる当事者たち・・・両国の「選手」たちが
気の毒でした。

片方は、実力より過小評価され、片方は実力より過大評価され・・・。


とある比較image


とある残念な比較image


実のところ、その“どちら”にも、
心には、言いしれぬがついたでしょう。

人が頂点をめざして奮闘するとき
その奮闘を真心で受け止めて、
出来うる限り公正な評価を与えてこそなのに・・・。


とあるポジション比較image



それが、“お金”で買われて左右されている現状が
“今も”ある
・・・というのは悲しいものです。


(国がどこであれ、こんな文句のない美しい姿であれば喝采を送ります

とある業(ユリア・リプニツカヤ)image



まあ、そんな現実のなかで
以前お伝えしたように
今、「お金」だけを世の基本システムにしている勢力が
某国の経済悪化を見据えて、
日本“のみ”に助け舟を出させようと、圧力をかけてきています・・・

それはどうしても阻止したいこと。

なぜなら、現状では
たとえ日本が協力しても
「仇」となって戻ってくるだけですから。

援助するにしても、今は“時期”ではありません。

それよりも日本は、
とにかく国全体で
希望と活気を培うことに全力を尽くすべきです。


そして

日本の言われ無き「汚名」をぬぐうのは
庶民の総力にもかかっています。

日本を叩くのはおもに
信仰心がほとんど無きに等しいか
実践の伴わない信仰心しかない国々で
まことの正義を宿す心情は、そこには育ちません。

忘恩と裏切り、嘘と偽りの心根がはびこるままになり
その根を引き抜くには手間がかかります。

一方、たとえ無宗教の人が大半・・・と言われていても
敷島の上に住む人たちには、
「神聖な存在」を敬慕する心
無意識のうちに息づいています。
これは、非常に幸いな、大きな利点です。

だからこそ
そろそろ、日本に住む人・・・みなで
それら幸いな利点を活かし
それぞれの生きるところ、立場で、
日本を「擁護」する“想い”を真摯に抱くときではないでしょうか。

“親国”が痛みを負っているとき、
それを支えるのが、子である“国人”・・・。

みなさんそれぞれの力が
さらにいかんなく発揮され
「それでも頑張っている」日本の姿
この現実世界へと映し出されていきますように・・・。

加えて、「ほとんど勝ち目がない」と
雑誌上にすら噂されている某選手に、
結果の如何にかかわらず

心から“応援”を送りたい・・・そう思っています。



とあるネコのチャレンジimage




と・・・“何気ない行動”が戦いを止めた話とか・・・良かったらどうぞ。





スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/233-793700a2

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。