Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「判官贔屓」・・・ときに上等です

Posted by 世羽 on 22.2014 時事ネタ   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
今回は・・・自分、心を鬼にして。


ソチ画像image


すでに、ごまんと書かれた浅田真央さんの話題・・・。


K国では、メディアを筆頭に、国民のみなさんが
自国選手に対する採点評価に疑問がある・・・と
不服を訴え始めています。

もう、このさい、ドンドンやっちゃってもらえたら、
むしろありがたいです。

そうすれば、むしろ、
その他、これまでの、“てんこ盛り加点”の実態が
暴かれることになるかもしれません。
(そうなったらヤブ蛇にもなるでしょうが)


お前がそう思うんならimage



前回のオリンピックにいたるまで(つまりそれ以前から)、
日本の一部の方々は、
現在のK国が抱いたのと同じ感覚を覚え続けていたと思います。

少し違うのは、

当時から日本の多くのメディアや識者は、
自国選手を正当に評価するでもなく
どちらかといえば
K国選手の「銀河点」の素晴らしさ・・・を
ひたすら強調し
宿命のライバルとしてだけ、K国選手を持ち上げていました。

K国テレビ局として名高いフジテレビさんの
浅田選手に対する扱いは、とりわけ酷いものでした。
(今も、当時の内容が脳裏をかすめます)

加えて、
専門家の方たちが、個々の選手の力量について
素人にも納得できるよう
スケート技術の詳細比較などを
明解に説明してくれたら良かったのですが。

いわくつきの“しがらみ”あってのことなのか、
肝心なことになると、みなさん口ごもるばかり。
本音を語る有名どころのツワモノもいませんでした。

(日本の某金メダリストは、K国選手のほうが、浅田選手より力がある・・・と
 言っていました・・・・よね)

採点評価が著しくおかしいことには一切触れてはいけない・・・
日本は、ずっとそんな感じだったわけで。

(まさか、スケート連盟の名誉会長さんが“元他国籍の方”だからといって、
祖国の不正に箝口令をしいた・・・
なんてことはなかった・・・でしょうが)

なので、浅田選手という人物が
日本のアイドル的な存在として映ってはいても
多くの一般人には
彼女の力量が、どのようにスゴイのか・・・が
正確に伝わってこなかった・・・のではないでしょうか。

「採点形式の競技」の評価は
人が行うものですし
演技については“好み”も左右します。
それは仕方がありません。

でも、それにも、限度・・・というものがあるわけで。

まあ今回、K国のみなさんは
自分の国がしてきたことを、ロシアにされたと思えば・・・。

で・・・。

ちなみに、今回、人としての素晴らしい頑張りを見せた浅田選手・・・。

思えば
K国に有利となるルール改正後、
K国選手の助走法、エッジの使い方、個々のジャンプなどが
公式に重んじられるようになり、
それは、浅田選手にとって
それまで培った技術がほぼ崩されるほど、不利なものでした。
減点されないようにするために、かなり苦労して修正していったかと思います。
(他の選手の皆さんも同様でしょう)

そこにはいまだ語られていない
たくさんの葛藤があったと拝察しています。

今回、団体やショートのほうは、
自らの失点として、自らにも、観衆にも
不甲斐なさを見せた・・・かもしれませんが


ソチ関連(浅田真央ショート)image


フリーの演技はほんとうに、圧巻でした。


直前には仲間の応援が・・・・

ソチ関連(羽生くんの応援)image
  (浅田選手がフリーを滑る直前
       「真央ちゃんがんばれー!」と、テレビに混入した男の人の叫び、
        ファンの声ではなくて、羽生くんだった・・・そうで)



K国の選手も、母国からのプレッシャーのなか、
よく頑張ったでしょう。

2連続3回転ジャンプを無難に跳ぶ彼女。
それはそれで評価しなければなりません。

でも、個人的な本音を言えば、
無難にまとめ、山場に欠ける彼女のフリーにおけるGOE
浅田選手より“ダブルスコア並み”に良かったとは、
ちょっと思えませんでした。
(K国の方のなかには、そこらを見抜いている人たちもおられるようです)

これまで、飛ぶだけがフィギアじゃない・・・と
辛辣な酷評もなされていましたが

さまざまな他競技において、
“新種の業”が成功すれば正当な評価がされるのに、
どうして女子フィギアでは得点に反映され得ないのか・・・・。
(この現実に隠されていることがありますよね)


ソチ関連(浅田真央2)image_convert_20140222203247


人のできないことをやってのけた選手に
惜しみない拍手を送れてこそ、人の道。まっとうな心。

ロシアのエフゲニー・プルシェンコが

「真央、きみは素晴らしかった。特にトリプルアクセル! 
                   きみは本当のファイターだ!!」

・・・とつぶやいたことが、すべてを物語っているでしょう。

なので、なんなら
「試しに、彼女とまったく同じ演技構成でやってみてください」・・・です。

キリッ凛!!!・・・あ・関係なかったか)
とあるキツネimage


今回の浅田選手が取り組んだ構成は、
スピードにしても
それぞれのジャンプにしても、
今現在、同じことができる人がどれくらいいるのかな
と感じるほど、難度が高かった・・・。

つまり

歴史に名を残せる内容だった・・・
そう思ってはばかりません。

(競技に携わっている皆さんなら、そこらあたり
 もっと、よくわかっておられるのでしょう・・・)

フリーだけなら
浅田選手は、実際順位における上位の人たちより、
高く評価されておかしくなかった・・・。

個人的にはそんな感想をもっています。

実際はこんなでしたけど。

FP採点   基礎点  出来栄え  演技点   計
ソトニコワ  61.43 + 14.11 + 74.41 = 149.95
キム     57.49 + 12.20 + 74.50 = 144.19
浅田     66.34 +  6.69 + 69.68 = 142.71(3A認定、連続ジャンプ回転不足×2)
コストナー  58.45 + 10.39 + 73.77 = 142.61
ゴールド   60.64 +  8.93 + 68.33 = 136.90 (減点 -1.00)
リプニツカヤ 59.57 +  6.71 + 70.06 = 135.31 (減点 -1.00)(回転不足×1)
ワグナー   57.79 +  3.28 + 66.92 = 127.99 (連続ジャンプ回転不足×1)
鈴木     57.31 +  3.26 + 65.78 = 125.35 (減点 -1.00)





ソチ関連(浅田真央得点)image


タチアナ・タラソワさんが、浅田選手の演技終了後、

「ブラボー。ありがとう。本当にありがとう。よくここまで仕上げたわ。
 彼女はすばらしいスケーターよ。
 彼女は自分に打ち勝ったの。ありがとう」・・・と述べたそうですね。

まったく、そのとおり。

演技後に、他国の著名選手の涙をそそった、
いくつもの隠れた意味がそこにある・・・。



日本に所属する選手への“判官贔屓”と言われようが・・・
それも、ときに上等


なので、

今回の、浅田真央選手の「果敢な挑戦の成功」
確かに、フィギアスケート史上に残るものだった・・・と
言ってみたかった。

ソチ関連(浅田真央3)image



さまざまな環境下
“自分に打ち勝った姿”を見せてくれたことに
国民のひとりとして敬意を表します。
ありがとうございました!!!



ソチ関連(浅田真央)image



心より、これからの彼女に“さらなる祝福”を願っています。



とある雲海と太陽image



スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/236-35306b86

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。