Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソチのあと・・・つぎの開催国さまへ

Posted by 世羽 on 26.2014 つぶやき   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
友人どうし、腹のたつことがあって、
片方が一時、謝って、そのあと
「もう、前を向いて仲良くしましょう・・・」と思ったとしても、
相手がいつも、余所の誰かに片方の悪口を吹聴し続けて
しかもまでついて、
「お前が悪い、み~んなお前のせいだからな」という気持のままなら
そのうち誰でも
「じゃ、もういいよ・・・さよなら」となるのは、
ごくふつう。


とある美しすぎる夜空image


ここ数日、アンネの日記の破損事件の報道が流れています。


破損数が数百点を超えていることと
犯行場所の範囲が広いこともあって、
一部の識者の方たちは「組織的な犯行」と見ているようです。

アンネの日記破損事件image

アンネの日記破損事件(事件発生地域)image



折りもおり、政治家がつぶやくほど
同時進行している出来事もあるわけで・・・。


アンネの日記(片山つぶやき)image


警察は現時点で、すでに数人の割り出しを行ったようです。

日本人の犯行に見せかけた事件なのか、
ほんとうに“アホな日本人”がしたことなのか・・・が
非常に気になるので
とにかく、犯人が早く御用になることを願います。

いずれにしても、「慰安婦問題」が絡むと
ろくなことになりません。
真実が白日のもとに明かされ
世界的に、きっちり証明されるといいのですが。


そして・・・次回の冬季オリンピックが開かれるあの国。

お隣の、
世界で一番のお国に
日本人のひとりとしてお願いしたいことがたくさんあって・・・。
(といっても、ここでつぶやくだけですけど)

で、“一日本人の願い”をお伝えすると。


拝啓 お隣の“お国”さま

そちらのお国からすれば
日本という国は地図にも載らない
すでに無きに等しい、というか、
まったく存在していないわけで・・・。


なので、これからも、居ない存在としてもらえれば・・・
とても、ありがたいのです。


とあるポスター(何げに誤表記)image


世界の名付けた“海の名称”も、気にくわないご様子ですし
できれば、東シナ海のように、
「東K国海にしたい!」と本音を吐露し
それを公に提案してもらって
世界のみなさんに、意見を聞いてもらったうえで
決めてもらえればな・・・と思います。


とあるポスター(日本海誤表記)image


何より
世界的にも経済がすこぶる順調との報道を盛んにしておられますし、
ほんとうに、おめでとうございます。

また、
日本より“ずっと潤っている”
“日本の手を借りることなどない”
と常々言っておられるので
たとえ雪が乏しくても
リュージュとかのコース作りがわからなくても

きっと、日本に頼るなんてことはありませんよね。


平昌関連(雪不足)image

平昌関連(クロスカントリー2)image


なんといっても日本は、
いつも、そちらのお国より下の身分として位置づけられています。

そんな身分の下の国に援助してもらうなんて
たぶん、プライドが許しませんよね。
なので、どうぞ誇りをもって、そのままお進みください。

すでに完成し、使用もしているというジャンプ台が、
多少曲がって見えていても


平昌関連(スキージャンプ台)image


隣に岩場があって、
飛び出す方向を間違えて、よもや岩場に突っ込みそうな感じに思えても


平昌関連(スキージャンプ台2)image


日本は、けっして気にしません。


ソチ(kasai)image


気にしようにも、なにぶん存在しないので、どうしようもありません。


そちらのお国は“龍の絵画”を描くときに
もと“宗主国”の龍の爪の数、それより1本少ないだけの
“4本の爪”まで描くことを
光栄にも許されているお国ですよね。

日本は、華夷秩序の思想のもとでは
“3本”しか描くことが許されていませんから
そんな“3本爪しか描けない国”と、いろいろなことを競ったところで、
なんの自慢にもならないでしょう。

なので・・・格下の日本のことは
お国の記憶からも、ことごとく消去してくださると
ほんとうにありがたいです。


そして、K国のみなさんがとても喜んだという
コラ画像のとおりでかまいません。


ソチの銀河点image



そうすれば、たぶん
お国の腹がたつこともないでしょう。
世界も、きっと円くおさまるでしょう。

お国の心の平和のために

“存在しない”日本・・・
そんな幻想の産物に惑わされることなく、
自国のお力でお進みください。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

お国が抱く「恨」の心が、的をえず
どこかの彼方に消えていきますように。



  心から信頼できる友がいるのは、とても恵まれたこと。
  わたしの良いところも悪いところも知っていて
  すべての欠点にもかかわらず、なお愛してくれる。
                         ―――チャールズ・キングスレー―――





とある日の丸のようなシーンimage




スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/238-3af9e63d

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。