Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ですし・・・恋をしている人もいますよね?

Posted by 世羽 on 01.2013 つぶやき   0 comments   0 trackback

突然、自分には似合わない妙ちくりんな話題です・・・。


人の場合、恋をするのに季節は関係ありませんが
時は2013年4月という新しい月になり、
それぞれが、それぞれのスタートを切ったりする時節で・・・。

季節柄、そこには出逢い・別れ・・・諸々あることでしょう。

以前、書きました。

恋は愛の始まりと・・・。

少年・青年時代ごろまでの「人を好きになる」感覚は
いわば練習。
ですから、恋をして、ちょっとぐらい傷ついたとしても
切ない想い出になったとしても
意外に早く忘れられるものです・・・。

そして大人になって「誰かを好きに」なり
スムーズに恋が運び、
めでたく結婚し、
スムーズに人生の終わりまで愛が貫ければ
とても・とても嬉しいことです。
その恋、愛を楽しみ、たくさん喜んでください!

でも、たぶん、
そんなケースばかりではありませんね。
心が痛むことを含む経験を伴うケースも多いでしょう。

忘れたいのに忘れられない
今の状況から抜け出したいのに抜け出せない。
実らない恋に、人知れず涙を流したりする人もいたり・・・
別離を体験したり・・・
胸のあたりに物理的な痛みをずっと抱えていたり・・・。

そんな人はけっこう多いかと思います。

「特効薬」があればいいのですが・・・。
こればかりは・・・。


たとえ、伝え聞いた

自分を愛することだ。
自分に価値があると思え。
愛は人から貰うのではなく、自らの愛で空白を埋めましょう。
負の感情は解き放て・・・。
無条件の愛で行け!

などと・・言われても。

たぶん・・・ほとんど無理だと思います。

人は自分の「思いどおりになる愛の感覚」を体験したい生命体です。
そして、この願望が叶わないと
苦しい体験・感情に身をやつしたりし始めます。

しかも理論とかでは消せない場合が多いので
エネルギーも低調になっていきます。


ひとつ思います。

もし、仮に、今そのような状況にあるなら

4月という新年度になったことですし
今、勇気を出して

「あなたにはわからないかもしれませんが
ほんとうは、自分の想いどおりに、事が進んでいますよ・・・」


という声を、本気で聞いてみませんか?

人は、ほとんど未来が視えません。
先を想うと、怖くなったりします。
そして、今ある状況にしがみつき、離れられなくなったりします。

ですから、誰かを手放さなくてはならない
今の愛情を捨てたらもう次はないかもしれない・・。
この人でなければダメだ・・・。
こうなった以上、どうにもならないなら、
生きている価値もない。

そんな想いに捕らわれて、絶望に駆られることもしばしばです。
ときに、
その想いが高じ過ぎると、
とんでもない事件を引き起こしたりもします。

でも、
人は心の深いところで、いつもこんな声を聞いています。


「あなたにはわからないかもしれませんが
ほんとうは、あなたの想いどおりに、
いちばん幸せになるように、事を進めていますよ・・・」


「怖がらないで・・。何も恐れなくていいのです。
すべては、良い方向に進んでいるのですから。心配しないで」


心を澄ませてこの声を感じてみませんか?
(この、心から絶えず流れている促しは、
すべての困難に出会ったときにも、
決して消えることはありません)

いつも響いているはずの、この声を信頼していくと
たとえば、恋の駆け引きをするような、
「無理矢理な行動」が消えていくでしょう。

無理矢理に何かを成就させようと頑張り過ぎると、
自身のエネルギーが枯渇します。

どんな問題にせよ、
自分のエネルギーの主権は
相手や物理的な事柄にあるのではありません。
それは自分が自由にできる、最大の特権です。
まず、それを一端「取り戻し」て
自らのエネルギーをチャージしてみませんか?

「誰か」のこと(またはあらゆる問題)を考え過ぎていると
対象となるものへ自分のエネルギーが必要以上に流れてしまいます。
それは、あまり得なことにはなりません。

「うまく行かない」と自分が感じること・・・。
それは、表面的な意識が「そうしたい」と想っていたとしても
それを「魂が願っていない」場合があります。



この両者が一致してはじめて
物事が成就するものです。


それを本当に自分が納得するには、少しばかり「時間」も必要です。


ですから、とりあえず
胸の痛むどんな状況にいるとしても

「こう見えても、すべてはうまくいっているのですよ」

そうした、深い促しに

「じゃ・・・あとは頼んだから、絶対に完璧に最善にもっていって!」

ぐらいの気持ちで、全面的に委ねてしまうほうが近道でしょう。
(実のところ、ここにこそ「委ねる」・・・という奥義が隠されています)
その結果、何が起ころうとも、
それはいずれ「それで良かった」・・・に
なっていくことがわかるでしょう。

新しい月になりましたし・・・。

どうでしょう。
さらに勇気を出して、天にすべてを委ねる・・・体験を
試してみてはいかがでしょう。


皆さんの、さらなるご多幸を祈ります。


何だかこの心境・・・一人間的には、切ないほど「美しい」気がします・・・。
http://www.youtube.com/watch?v=p_b152vOTXs



スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/24-7a8035da

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。