Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球近傍小惑星「ベンヌ」の上の“何か”・・・とか

Posted by 世羽 on 19.2014 宇宙と星がらみ   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
ウクライナでのマレーシア航空機MH17便の撃墜・・・。
あの空域だが、
事件前の24時間以内の航路図では、
他にも中国やロシアの飛行機がけっこう飛んでいる。
しかし、撃墜された機は、空路の飛行方角が異なる。
あの機はウクライナの西側上空から通過していた。
なんか、このあたりも悲劇の一因になったのか?

海外のニュースを見ると、
すでに消防士たちが、ご遺体各部のマーキングもしているようだ。
あの日航機123便を彷彿とさせる。

この「123便墜落事故」当時、
“仕事をさぼって”乗らずに助かった(その頃の自分から見て)おっさんを、
知っている。

一方、ケースは異なるが、このマレーシア機にも、
直前に搭乗しないで助かった家族がいる。
いずれ、日本でも詳細が話題になるかも。

いずれにしても、この助かった家族のように
ふと浮かぶ「心の促し」に従うことは、とても大切のようだ・・・。


アステロイドimage


先日、久々に
地球近傍小惑星「ベンヌ」(Bennu)が話題になっていました。

カナダの人工衛星NEOSSatが捉えた画像に
てっぺんが平らな黒いピラミッドのようなものがあるというので・・・。
(で、なぜか出典はインド発)


ベンヌ(近影)image


ベンヌ(近影3)image


ベンヌ(近影2)image




この小惑星はかつて、1999RQ36と呼ばれ、
のちに
エジプトの不死鳥にちなんでベンヌと命名されました。


ベンヌ(アステロイドコード)image


全長が約560mほどの小さな星ベンヌ
(はやぶさが着陸した「イトカワ」と同じぐらいの大きさ)・・・は

太陽の周囲にある小惑星群のなかの「アポロ群」に属し
計算上、2169年~2199年までの間に、8回ほど地球に接近するようです。


ベンヌ(アポロ群の軌道)image


巷では、衝突するんじゃないか・・・などと言われもしますが
現在の計算上の衝突確率は
8回接近する確率合計でも最大で0.07%、(また、最新の報道によると1/4000)という
低い確率になっています。

けれども、まださまざまな未知の要因が絡むことも見込まれており
衝突の可能性がまったく無いとは言えない・・・というのが
現状のようです。


ベンヌ(軌道)image



この小さな星がいま、
地球に向かう軌道上にあって速度を速めているようで
2016年9月にはNASA
はやぶさ版とも言える「OSIRIS-Rex計画」による探査機が飛ばされて、
サンプルリターンミッションを行う予定です。

それによると

探査機OSIRIS-Rex
2018年にベンヌへ到達予定。
2023年に帰還予定。
小惑星からの予定されるサンプル採取量は約60gほど・・・。


ちなみに、

この探査機が太陽電池パネルを拡げてサンプルを採集するデモの様子が、
ちょうど鳥のように見え、
しかも不死鳥をあらわすベンヌという名前の意味に
「輝くもの」「上昇するもの」の意味があることから
探査対象となった小惑星1999RQ36に、
この名前が決まったようです。


ベンヌ(オシリスレックス)image



それにしても、やはり米国というのは眼のつけどころが・・・さすがで
とっくの昔に、何かを掴んでいた・・・とも、思いたくなります。

で・・・

はやぶさが着陸したときもそうでしたが
こうした小惑星は、太陽系内を超高速で動いているわけで
しかも着陸対象が小さい場合は、目標にぶつけるだけでも大変です。

想像以上の困難があるかと予想されます。


ピラミッド(ベンヌ資料)image



かつて米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士アームストロング
海外からの取材に答え
彼が見た2機のUFOについて
「彼らの船は技術も、その驚くほどの大きさも・・・それら両方で、
私たちよりはるかに優れていた」

というようなことを言っていたのを思い出します。

火星の上も、もちろんですが
小惑星よりよほど大きく、しかも、もっと近い「月」・・・
画像だけ見ても色々あるのに
今のところ、公にはあそこに誰も行きません(というか行けないw)。


ピラミッド(月の上の)image


月の上の変なものimage


月の上の変な(四角)image


月の上の(基地)


月の上の変な(何?)image


月の上の変な(落書きみたいな)image




いやあ・・・宇宙というのは
一部の研究者たちだけが知っていることで
多くの人たちには隠されていることがたくさんあって
それでも、どこかからそれが少しずつ漏れてきて
ほんとうに面白いものです。






ベンヌ・・・この動画ではちょっと加工されているかもしれませんが・・・。





そして、こんな不思議に出逢えるなら、ちょっと住んでみたい。





スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/290-9706d6d6

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。