Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命の大河で小舟にのって

Posted by 世羽 on 08.2013 語り   0 comments   0 trackback

(ちょっとだけ・・・メモ)
4日にメモった地中の騒がしさ・・・その結果はこれかと。
地震情報(震源・震度に関する情報)
平成25年4月6日14時9分 気象庁発表
きょう06日13時43分ころ地震がありました。
震源地は、ニューギニア付近(南緯3.5度、東経138.6度)で、地震
の規模(マグニチュード)は7.2と推定されます。


同じ騒がしさを感じるとき
日本が揺れることがあるので、ちょっと危惧していました。
多少のはねかえりも、否めないので
個人的には、軽減の意識を向けていきたいと思います。
(7日少し静まったのですが、本日また色々な感覚があるものでメモしておきます)



小三峡 230784083


この星の上には、自然界にできた無数の河川が流れています。
ときに、支流が合体しながら大きな流れをつくり
そして海へ、海へと流れを進めています。

大河では色々な船・舟が航行し
さまざまな場所に立ち寄ったりします。

運命を大河にたとえると
人はその上を行く小舟にも似ています。

小舟だと、大きな船の入れない支流にも
入っていけたりして、けっこう自由に動けたりします。

「運命の大河」は逆登ることができません。
大海にたどり着くまで、一定の方向に流れるままです。

それでも、
浮かぶ小舟は、水上を好きなように遊びながら
流れにそって海をめざします。

ときおり、立ち寄りたい幻の都がいくつも見えてきます。
点在する都のどこかで舟をとめ、
心ゆくまで遊んだりします。

ドイツ lrg_10411912


都では色々な人に出逢い、素晴らしい体験や
嬉しいこと、嫌なこと、腹の立つことなどにも出会ったりして・・・。

そして、都で少し時を過ごすと、
また河に戻り流れを楽しみます。
(都の楽しみに捕らわれて、ずっと居続けてしまう人も出てきます)

舟に支障が起きて進めなくなったりすると
修理が終わるまで
親切な、優しい別の舟乗りが曳航してくれたりします。

ときに、心から共に流れていきたい人と出逢い
舟を繋いで同道することにもなったり・・・。


そして・・・その途上のことです。


運命の流れをどうにかしよう
進路を創造していくのは自分だ・・・と思っていても
本当は、
人の「創造/想像」を遙かに超えた神秘を映す、
運命の大河の上にいる自分・・・

それをはっきり見い出すときがあります。


旅の途中で、思い切りさまざまなことに出逢おう・・・そう望み
望みをどう体験するか・・・
支流に進路をとり、迂回して冒険をしてみよう・・・
そう決断する・・・

これは「自由意思の舵」を操って可能になる
少しばかりの進路変更・・・
とはいえ無限の可能性をもって選びとれる、
素敵なオプション・ツアーです。

けれど、その支流の流れも、
やがては本流に戻ってきます。


そして人は、ある時・・・必ず・・・
ふと気づくのです。

自分はものすごく大きな河の上で
海に向かって、とても自然に、運ばれているのだと・・。

この、ごく自然な流れに気づき
それに身を委ね、流れを信じ、安心して進路を進むこと・・・。

ここに「運命の大河」を行く者が悟る神秘があります。


皆さんの舟旅が
いつも安らかで、心地よいものになりますように。



テロップに誤字があるかも・・・
https://www.youtube.com/watch?v=qEOd_dnBYtg




スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/31-77c3ffdd

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。