Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「雲」に見る・・・

Posted by 世羽 on 15.2014 つぶやき   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
ドイツのウィルス研究第一人者で、ハンブルクのBernhard Nocht熱帯医学研究所の
Jonas Schmidt-Chanasitが、国内メディアの取材を受けて
「エボラの感染を食い止めるのは5月と6月が正念場だった。
今ではあまりに遅すぎる。アフリカ国内で感染が燃え尽きるとしても、
死者は500万人に達するかもしれない」
というようなことを言ってしまって、
周囲を慌てさせたようだ。

キューバは165人ぐらいの医療チームを現地に送るらしい・・・。
アメリカにも援助を求める声が出ているが、
シリア空爆でそれどころではないようだし。
そのほかの国々は、具体的にどんな具体的な援助をしているのだろう。
ほとんど見えてこない。腰がひけているみたいだ。


異常気象とか(積乱雲)image



国連の世界気象機関(WMO)が2014年初頭
世界における寒熱の両極端さに舌を巻いていました。

米国の気象学者ジェフ・マスターズという人物も改めて
「私たちはとてつもなく急速な気候変化の時代に生きている」
半ば匙を投げたかっこうでつぶやいていました。

かつてない規模で起きる異常気象には
さまざまな理由があげられています。
その反面、地球温暖化だけに原因を絞ることはできない・・・
という見方も密かに広がりつつあります。

妙な話ですが、ほんとうは原因がよくわからない・・・
というのが本音にあるみたいでw。


現実的に見れば
近年の異常気象災害で、世界各国が被る金額的損失はかなりのものです。
各国での気象災害の発生件数は年ごとに記録を更新しており、
日本も、似たようなものです。

なので、こんな論調が出てくるのもまっとうな流れなのでしょう。


極端な天候の変化が人間の健康だけでなく、その繁栄をも脅かしている。
多くの社会は、
歴史的な異常気象に対応するためのこまごまとした措置を講じているが、
新たな、より強い極端な変化は
今後さらに、人類の既存システムや構造を圧倒する可能性がある。


頻繁に起き、しかも深刻化する異常気象は
生態系をも不安定にして、
人間の本質的な構成要素を不自由にする可能性がきわめて高いのだ。
生活、食料生産、交通インフラ、水の管理をはじめ
私たちが目にする最近のハリケーン、洪水、熱波、干ばつでもわかるように
死、病気、経済的困難が続いていく・・・。



でも、これは・・・

人類に生き方の変更を促す、地球の前降りでもあるかのようです。


空を見て、変わった雲が出たとして
人によっては尊いものを感じとるかもしれませんし、
単なる「話のネタ」になる程度の現象・・・
ということで過ぎていくこともあります。


異常気象とか(ねじれ雲)image



へんちくりんな雲を見て、ほんとうに単なる笑いですますことができるときも。


異常気象とか(四角い雲)image



(ときには人工的に創られ、ナノ微粒子さえ含んで
いろいろと物理的・科学的に悪さをしている雲もあるかもしれません・・・w)

異常気象(ケムトレイル)image



しかし近年では、
いわゆる自然の見せてくる姿が、確かに「深刻度」を伝えてきて
見る人に脅威を与えて迫ります。

自分も、以前ならあまり見かけなかった
乳房雲のなりかけを見る頻度が多くなってます。
ごくふつうの乳房雲であったら、ひとつの気象現象に過ぎない・・・と
すませることができるかもしれませんが、


こんなふうになったら・・・たいてい
当たり前に「脅威」を感じるのではないでしょうか。


異常気象とか(乳房雲)image



異常気象とか(乳房雲2)image



とりわけ、ここ十年ぐらいのあいだに
そんな脅威が頻度を増して空に現れ始めるようになりました。



異常気象(くらげのような雲)image



異常気象とか(渦巻く巨大雲)image



ほんとうなら、こんな雲を見て「うわっ」と言うくらいで
すませておきたいところですが・・・。


異常気象とか(雲の道)image


異常気象(彩雲2013)image


異常気象とか(BillWightさんが撮った雲)image





たとえ気象の専門家でなくても
この気象の変動を肌身に感じるとき
人類みなが、どのようにしてこの星に住むか
想いを馳せる時期に来ていると
改めて気づく必要があるのではないでしょうか。



地球の幸せは、たいてい人類の幸せにつながりますが
人類の「物質的幸せ」が、必ずしも地球の幸せになるとは限らない・・・。




(参考までに、以下の気象の動画を貼っておきます。
全体は長いですが、部分ごとに分かれているので、
タイム・スケールを動かして
好きなところだけご覧いただければいいか・・・と思ったので。リンクが切れたらお許しを)







できうるならば
いつも、ふつうの雲を見て
「ああ綺麗だなあ」・・・と
感激する「時」を過ごしていたい・・・。



異常気象とか(2013年11月穴あき雲)image



異常気象とか(中央アメリカatitlan湖)image_convert_20140915030648
(atitlan湖あたり)



異常気象とか(ふつうの雲と夕焼け)image



スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/310-a49fc057

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。