Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時だから、「幸せの種」に・・・

Posted by 世羽 on 05.2014 そこはかとなく   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
総人口の約6分の1が、
各所で起きている争乱に携わる人の心に平和が戻るよう、
また、病で苦しむ人たちの心に寄り添うために、
祈りを始めている。
それが、どのような形で現れるかどうかはわからない・・・。
だが少なくとも、
こうした「平安への祈り」を捧げる人がいると知るのは
嬉しい。

こんな(渡橋)image



巷に「重い話題」が多いとき
とりわけ繊細な人や、共感タイプの方は、
それらをある種の「痛み」として
我がことのように感じるかもしれません。


ただでさえ、日々「お疲れ様」状態が多かったりしますから
その「痛み」が強まったように感じるかもしれません。

巷に起こる特殊な事柄のみならず
世間では生きていくために
いろいろなことがありますし・・・。


ときに睨み合い


こんな(にらみ合い)image



ときに牽制しあい


こんな(戦い2)image


こんな(戦い)image



想う結果が出なくて、食欲も減退したり・・・。


こんな(食欲不振)image



で・・・

真面目にこのような事柄を捉えている人は
それらを重荷と感じながらも一生懸命笑ってみます。


こんな(お仕事中の笑い)image


でも、


それが、無理矢理起こした表面的なものだった場合には、
ある日
「ん?!」という感覚が生まれるかもしれません。


こんな(シロクマさん)image_convert_20141005052650



こんなに一生懸命なんだから「生き方が悪いのか?」



気分も新たに、身体をほぐすことにトライしたり


こんな(ストレッチ)image


心身ともに伸びをしてみたり。


こんな(ストレッチ2)image


それで、“善い結果”が得られる人もいるでしょう。
また一方で、
さらにどうしようもなくなる人もおられるでしょう。


となると、ときには、
「まあいいや、
ネコだって、9回も命があるというのだから・・・
今回くらい・・・」

一時的に“凌ぐ気持ち”を起こしたりするかもしれません。


こんな(ねこさん2)image


こんな(ねこさんの)image_convert_20141005042911



(深刻になると、自らの生命を縮める行為さえ生まれ、
場合によっては、何らかへの「誘惑」が断ち切れず、依存状態に陥る)


こんな(誘惑)image



ですが・・・

このとき、本当は
こうした“心の動き”のなかで
意外にも、“素晴らしいチャンス”が訪れている・・・。


人が、なにかすべてが面倒くさくなって
「もう無理だ!!!」・・・と感じたとき
いわゆる「聖なるあきらめ」がわかったりします。


こんな(あきらめ)image


「聖なるあきらめ」というのは、単なる人間的な「あきらめ」
ではありません。
物理的な世界を超えて広がる「聖なる意図」を感じ取るように・・・と、
個人的に現されるサイン)


多くの場合、人はそこで、
ふたたび人間的な思考に戻ってしまうでしょう。
そして、誰か他者の心地よい促しや、予見に頼るかもしれません。


こんな(水鳥)image


けれども、

ほんとうはこのときこそ
自身に響く「内なる呼び声」(声にならない声)を感じる時です。

人生ではたびたびそんなことがやってきます。
チャンスは繰り返し訪れてきます。
けっして、このチャンスの訪れが無くなることはありません。


(生きているかぎり、明日どころでもなくずっと・・・)
こんな(標語)image



なので・・・あるとき、

ついに、その度重なった「訪れ」に気づき
人それぞれに反応して
少しずつ霊性の上昇を育んでいきます。

そんな人生とは、ほんとうに素晴らしいものです。


ただそれは、
何かを見ないようにして、居ないかのようにして
素晴らしい・・・と想うことではありません・・・。


こんな(人生の日々)image



たぶん、そんなグッド・ライフだと
ときおり修正も入る・・・・。



こんな(おしおき?)image



ですが、


紆余曲折が生じているように見えながらも
有意義に、その場・その場を捉えていけば
初めは「努力」に感じていることでも


こんな(重いってばね)image



必ず“愛する”という自然な想いが開いていきます。
それが強くなります。


こんな(お友達)image



たとえ緩慢であってもいいのです。

それを、他者経由ではなく
自分と「大いなる御者」の力とが直接に協力して進めることができると、

人は、何を見ても、聞いても、言われても
けっして揺らぐことのない、
“自己の神性”を捉える力が増していくでしょう。



そして、そのなかで

みながそれぞれ「幸せの種」として
人生の季節のなか、折々の花を咲かせていけたなら
ほんとうに、嬉しいことですね。




こんな(少年と子猫さん)image



心安らかな時・・・・

こんな(昼寝ねこさん)image


こんな(善き夜に)image



スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/317-e46c05cc

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。