Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激動の・・・でもおだやかに・・・

Posted by 世羽 on 04.2015 つぶやき   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
年が改まって早々、とある話題が流れていた。

それは、超大物歌手グループのライブで、バック・スクリーンに映し出された映像。

日の丸に×印」をつけ
「中国領土釣魚島」(魚釣島のこと)と流していた。

もし意図的であれば、開いた口がふさがらん。

さらに、ここのところ神社の放火も相次いだ。

信徒ではなくとも、多くの人が大事にして、尊崇の対象としている場所に
平気で火をつけるような根性は、人のものにあらず・・・だ。

たとえ、法が及ばないところに逃げても、
いずれ霊威の反動が及ぶだろう。

こういうことがわからずに悪行をする者こそ、
本当の「恐いもの知らず」と言える。


新年(羊の群れ)image




さて・・・。

謹賀新年・・・。


遅ればせながら、

新しい年の始まりの季節を
       共にお慶び申し上げます。


新年の(2015)image


で、日本の今年というと、干支が未年・・・。

覚えやすくするために動物の「羊」が割り当てられたとはいえ
一応、ヒツジさんを象徴として用いているわけで。


     新年(笑う羊)image


干支はその年の本質に関わりないと思いつつも
いつもの性分で、リアルなヒツジさんの姿を探してしまいましたw。


ヒツジさん・・・と言えば
思い浮かぶイメージは案外、固定されているかもしれません。


新年(羊さん正面から)image



そして、ときには
どれがヒツジでどれが山羊か、わからなかったりすることも?

(本記事のなかにヤギがまじっていたら、そんなわけ・・・からです。・・・あしからず)


    (ちなみに下は山羊さんの子供)
    新年(遊ぶヤギさん)image



(ヒツジさんには大きな角を持つものもいるようで・・・)

新年(ロッキー辺りのbighornsheep)image



ヒツジさんをどう研究して得た結果なのかはわかりませんが
学術的に言うと、ヒツジさんの知能は「豚より低くて、牛と同じくらい」・・・だそうで。

   (牛さんが豚さんより知能が低いというのも、イメージ的にピンと来ない。
    あ・豚さんにすごく失礼ですかね。申し訳ない)


遊牧の世界では、ヒツジさんから調達される乳は「貴重な食糧」です。
でも、独特の臭いがあったりするので
いまではよほどネイティブな世界で飲まれるにとどまって、
もっぱら、モコモコな羊毛に最大の需要が集まります。

これは、ヒツジさんの命をそのままにできることなので、なんかホッとします。


でも、シビアに見ればもちろん、
人の食用として役にたってくれているヒツジさんがいます。

 (ちなみに、ラムとマトンの違い
  ラム・・・・生後1年未満の仔羊の肉。マトンより臭みがなく、味にくせがない。
  マトン・・・生後2年以上から7年ほどまでの羊肉。特有のにおいがあり、
                    多くは香辛料でそれを消す)
  ホゲット・・・生後1年以上2年未満の羊肉。マトンの臭みがなく、 ラムより味が濃い)


何も食べずに、光のみで生命を維持する体を目指し、
動物さんたちにしても、植物さんたちにしても
眺めているだけにしておきたい気持ちはあったりするのですが・・・

「おせち」など、ばっちり食している自分、
いまのところ本気になっていませんで、
ひたすら「ありがとね」で感謝するに徹しています。


新年(ラサ辺りの羊さん)image
(ラサ辺りのヒツジさん)


そんな動物さんのなかのヒツジさん・・・その姿を眺めてみると・・・。



羊毛が暖かいからなのか、背中にいろんなものが乗ります。


新年(ヒツジの背上のねこ)image


新年(ヒツジの背上のわんこ)image_convert_20150104181941



背中だけでもない・・・w。


新年(羊さんの鼻と鳥さん)image



同じ「乗る」でも、米国などでは子供のロデオにも登場し、
温厚そうな姿とは別の一面を見せています。


新年(羊さんに乗る)image


新年(羊さんに乗る3)image


新年(羊さんに乗る2)image



世界にはいろんなヒツジさんがいて
とりわけモフモフなタイプは、まさにぬいぐるみ状態です。

(下はシュバルツナーゼ)

新年(シュバルツナーゼ2)image


新年(シュバルツナーゼさん)image


新年(シュバルツナーゼ3)image



そして、

どんな種類でも子供のヒツジさんは
とにかく可愛い・・・。


     新年(子羊さんとわんこさん)image



ヒツジに象徴されるような干支の観点で占われる見方は色々あります。

それらは別にして、
個人的に2015年は、
ある意味、世界的に「激動」の年になる予感がします。


新年(招かれざる羊さん)image



ですが・・・そのようななかにあっても、自分としては・・・


多くの人の「心」
可愛く優しげなときのヒツジさんのように

誰かを乗せる暖かい「乗り物」になれて
誰かの悲しみや苦しみを癒すものにもなれて・・・

たとえ一時的に、
この年のどこかで荒ぶる波の様相を呈したとしても

ヒツジさんが象徴となっている年を
みなが上手に乗りこなしていけたら・・・と
そんな想いを抱いています。


    新年(羊さんを乗りこなす)image




引き続き、みなさんの上に
       絶えざる、たくさんの幸せが舞い降りていきますように。




新年(アフガニスタンのヒツジさん)image


新年(パキスタン辺り)image


新年(ペルー辺り)image



     新年(場所不明のヒツジさんと少女)image


    新年(羊さんのいる真っ直ぐな道)image


スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/345-f065f2ae

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。