Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖なる道をめざす

Posted by 世羽 on 07.2013 語り   0 comments   0 trackback

(と・・本題に入る前の余談を)

今日は薄曇りとはいえ(当地)、格別暖かかったです。
春だなあ・・・そう感じていたところ
いつも通る路地、その民家の庭先に
ま・まさか!!!・・・と思ったのですが
なんと「桜の花」が咲いていたのです。
他所はまったく、その気配さえないというのに。
いやあ・・・驚きました。
この民家に住む方が愛情込めて手入れをしていたのでしょうか。
ちょっと、そんなことを想像してしまいました。

そして・・・実に心が暖かくなりました。

*******

さて・・・。

ここ数日、いくつかの語りをさせていただいてきました。

そんな折り、改めて己の心に響いたことがあります。

それは、自分がこれから最も主題にしていきたいと思う指針についてでした。


自分は、この先、ここを訪れる方々に「どうしても伝えたいこと」があるのです。


それは、
単に人生を謳歌し、人として喜びを感じて終わってしまうのではなく、
その歩みのなかで同時に
自らの魂を、本当の意味で磨きあげながら
「真の神性を宿す聖なる者」として生き始めてほしい・・・。
本当の意味で輝いてほしい。

どのような場所に生きていようとも
皆さんがいるだけで
その場所が聖化されるほどの
まことの力を発現してほしい・・・。

そう想っています。

それこそ、
この星の行く末をより良いものにする大きな原動力となる・・・
そう感じているからです。


それには、小手先の理論や秘技ではなく
1人ひとりが
心の奥底で抱く神性な領域と、深く繋がっていく必要があります。
それは現在流行の、チャネリングをして何かの声を聞くとか
自分がすべてを創造する・・・というのとは
少し視点を異にしています。


日々の生き様のなか
ときに思い切り笑い、喜び、ときに苦しみ、涙し、悩むことがあるでしょう。

そして、こうした貴重な体験が
すべては実に大きな「導き」のもとなされている・・・・。

これを「実感として知る力」をもつ道。

すなわち「聖なる道をめざす」ことをお伝えしたいと想っています。


これは、先にのべた一部の思想
つまり、すべては自分のみの責任・・・という論理に挑むことになるかもしれません。


「聖なる道をめざす」とき
歩む者に与えられるのは
多く愛すること・多く許すこと・人の痛みを知り、苦難を感じている他者のために
心を寄せること
それくらいしかありません。

ですが
真の意味で、これらの力を知ったとき
人は大きく変化していきます。
その力は時も次元も超えて
集約される光の源への帰還の道筋を開くでしょう。


だからこそ
今、この大事な時間の1地点から
それを伝えていこうと想ったのです。


そのために、
この我が身もまた、
皆さんと同じように、当たり前にこの世の日々を楽しみ・喜び
多くの難題をくぐり抜けながら
常に神性を輝かせることを忘れず
精進していくつもりです。



スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/5-826805cc

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。