Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地球の心」

Posted by 世羽 on 11.2013 地球考   0 comments   0 trackback
日本にはたくさんのチャネラーさんがいて
色んなことを伝えている。
太陽の話のときと同じで、また思う。
地球外生命体の話や、たくさんの神様の言葉は溢れていても
今では地球のことを伝えてくれる人を見かけないなあ・・・と。

あぁ・・・沖縄問題も気になる・・・。
んん・・・海外は結局未発だったし、足下も気になる・・・。

地球images

ガイアという言葉が世に出てから、人の時間も、だいぶたちました。
ガイアはよく、生命を与え、死を支配し、再生する女神にたとえられます。
それは母なるものだと。

いっときはブームになり、関心も集まりましたが
今では、片隅にしまい込まれてしまった感です。

地球が「ひとつの霊的な意識をもつ存在」だ・・・今ならそう言っても
「そうだな」と感じる人も増えているでしょう。

でも・・・
地球の声、その心を「積極的に」感じ取ろうとする人は
意外に少ないかもしれません。

何かを教えてくれる、遙か彼方の星々の人たちの声も大切でしょう。
けれど、今足下に拡がる大地、それを形づくっている惑星そのもの
こんな身近な地球を、もっと知ってみるのもいいのではないかな・・・と。

たぶん、
異なる星の人の声を聞くときと
「地球の心」を聞くときでは
心に訴えてくるものが違うはず。

そんな「地球の心」を読み取って
ネイティブな種族の人たちは
優しい言葉をいくつも残しました。

ホピは言います。
「人だけが記憶を持っているわけではありません。
地球は記憶しています。
聞き方さえわかれば、たくさんの事を
あなたに話してくれるでしょう」


ネイティブ・アメリカンは言います。
「無言のうちに横たわっているだけのような岩でさえ
民の生活にかかわる感動的な出来事を記録し、鼓動しています」


これらが何を意味するか・・・
「エルズ」のところで書き残した
この惑星に宿る「叡智」に繋がるものです。

よくグラウンディングが語られますが
その感覚とは少し違います。
また、地球の神霊などと称して、
何かが喋るように伝える、そんなものでもありません。

地球の心を、人の心が直に「感じる」・・・それです。
地球がどんな想いでいるか、何を感じているかを
直に「感じる」・・・それです。

「できないよ」・・・そう思われますか?

そんなことはありません。

地球の息吹である風を感じ、
大地を感じ、
草木を意識的に感じようとすれば
それらは必ず、人の心に何かを送ってきます。

その感覚は、自由に受け取るままです。
「想像」・・・それでもいいのです。
そこから始まりますから。

自然の多いところに住む人は、ほんとうに幸せです。
なぜなら、より強く、地球の心を感じることができる・・・。

地球が醸し出す自然は、教師です
それらと繋がり出すと、魂に必要なことを伝えてくれるようになります。

母なる地球event_160768092

山野を歩いているとき
河のほとりで流れを見ているとき
無心で、土いじりをしていたり、
無心で植物に触れているとき
思わぬときに、生きる指針が一瞬のうちに心に浮かんだりします。
場合によっては、宇宙の構造まで、図解となって浮かぶことも。

無用な伐採が行われたり、自然を壊して不用な人工構造物が立てられると
地球は実際に痛みを覚えたりします。
それを、心で感じとると、
人が何をしていいか・・・が、本当の意味でわかるようになります。

これを実際に体験し始めると
人の心の「自由の扉」が開いていきます。

一方、自然が牙をむく・・・と言われたりもしますが
そうなる前には必ず、「知らせ」も来ます。
「知らせ」を感じ取る心、それを忘れているだけです。

朝早く、日の出を見るころ、
地球は「特別な言葉」を贈ってくれます。
太古から、人はそれを知っていて、その時を大事にしました。

地球も脈打っているのです。

地球由来の脈動は、この惑星に生きるすべての生命への
ささやきです。

地球の自然が起こす「ELF波」は、日や季節によって微妙に異なります。
そして、それはあらゆる生命体に影響を与えます。

人はあまり気づいていませんが
この波が、
地球の脈動が、
どれほど人の「超感覚」を刺激するかを知ったなら、
びっくりするのではないでしょうか。

そして、電気を使うことでつくり出されてしまう人工のELF波が
どれほど自然の良いエネルギーを遮っているかを知らされたら
唖然とするのではないでしょうか。

科学はその脈動を、「極超長波」として捉えるだけで・・・。
さらには軍事目的で、科学的に悪用したりもして・・・。

もし人が、
誰かの言葉から聞くといった形ではなく
それぞれが自ら、地球の心を直に「感じ」始めるなら
これがなされていくなら
おそらく、ものすごく優しい気持ちになれるでしょう。

地球がすべてを容認し、愛するように
人もそれと似たものになっていきます。

ですから、そんな人が増えれば増えるほど
必ず未来に善い変化が出るでしょう。

できれば、そうなる地球を見ていきたい・・・。

何が人類を創造したとしても、いいのです。
人は、今ここに生きています。

地球の空気を吸い
そこで創られる水を飲みます。
そして
培われた生物の命を、肉体の命とすることで助けられています。
これなくして、ほとんどの人は生きられません。

地球は素晴らしい星です。
人は、地球人であることにもっと「誇り」をもっていいのです。
地球という星に、誇りをもっていいのです。

そのために、魂の乗り物として
「地球に生きる身体」を選んだのですから・・・。

480150_4861087374439_166150893_n.jpg

自分が住む国を愛するように
人が住まうこの地球を、もっともっと愛し、
それが何を伝えてくるか、
心を通わせてみるのも、いいものです。


http://www.youtube.com/watch?v=jLcLZWYn9Sk




スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/60-81bef972

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。