Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「計画された試練」と「予定外の試練」

Posted by 世羽 on 18.2013 語り   0 comments   0 trackback
(つぶやき)
国連食糧農業機関(FAO)が「カブトムシや芋虫などの昆虫をもっと食べよう」と言った!
「昆虫は栄養価が高い。既に世界人口の3分の1に当たる20億人が食べている」・・・
ガボンのヌチャンゴ水利・森林相も、カブトムシの幼虫や炒めたシロアリはおいしいと語り、「われわれは日常的に昆虫を食べている」・・・と言ったそうな!!!
まず無理!!! イナゴの佃煮すらダメ。蜂の子もだめ。ミミズのハンバーグもたぶん卒倒する。
たぶん・・・というか、絶対に無理だ!!! ダイズで満足することにする。

Holy-Spirit-Know-Christ-Return-EL2.png

人生には色々なことがあります。
喜びに生きたいのは皆同じですから、
そうでない状態に陥ると
たぶん様々なメソッドを試すこともあるでしょう。

そのなかで
名の通ったメソッドを試しても、何をしても
抜け出せない「過酷な試練」を抱える人が少なからずいたりするでしょう。

語られることがあまりないですが
何らかの過酷な試練を背負い「苦しみ」を経験をするとき
それが「計画」されたものである場合があります。

もしそうなら、それは「苦しい」けれども
意味があって起きること。

その意味を知り、この世を生き抜くことこそが、「魂の望み」です。

その試練に隠されたテーマを体験したくて
その魂はこの世に生まれてきた・・・と言えます。

そしてその体験は、体験する個人の魂のみが学ぶだけでなく
その魂の大元がそれを望み、記憶するための「聖なる体験」でもあります。
ですから、特別に苦しい「試練」を体験する魂は
非常に強い魂、「勇者の魂」とも言える存在です。

よく、否定的な概念を持っていると、それらの体験を引き起こす・・・
そう言われますが、それとは別ものです。

現在、この区別がなされないがために
「努力」をしているのに、頑張ってもいるのに、なぜ自分が・・・
と嘆く人もいたりするのではないでしょうか。

もし、そんな人がいるなら、
どうぞ、安心してください。

それは、その人の心根が悪いとか、暗すぎるとか、
引き寄せているということとは違うからです。

神は乗り越えられない試練は与えない」という金言がありますが
これはまさに、その計画された「重要な試練」のことをさしていると言ってもいいでしょう。

試練には、さまざまな感情の起伏を伴いますが、
心と魂はこれをダイレクトに感じます。

この感情には非常に力があり、その衝撃によって内なる旅の「扉」を開きます。
そして、その扉の向こうに、
この世に生を受け、体験しようと思った知るべきテーマの答えが待っています。
そして、答えを知ろうとするとき、
多くの場合
この世において、縁ある他の魂と協力しながら
それを進めます。

たとえば
何らかの障害をもった人、またはその親であるなら、
これらの人たちは互いに「試練」の意味を探っています。

深刻な家族の不和を抱えてしまったときなら、
その家族は互いに乗り越えるテーマを共有しています。

そして・・・
たくさんの異なるテーマがあり、各々がそれらを体験しています。
これは、忌むべきものではなく、むしろ、魂が「そうしたい」と願ったことでした。

計画された「試練」に改めて気づくなら、
それを乗り越える勇気を得て
起きる事柄すべてが、許せるようになります。
試練に乗じて湧き上がる「恐怖」を無力にできます。

一方、ときおり「予定外の試練」もあります。

大きな人生計画のなかで、
人の自由意思は、ふと何か別のことを体験したくなります。
むしろ、こちらが、否定的な概念をもって引き寄せた「試練」だったりします。
この「試練」は、
人生の大きな人生計画に変更を生じさせたりする、「余計な労苦」になることが多く、
だからこそ、それらの「寄り道」を避けるためにも、
日常の心の調整が必要だったりするわけです。

とはいえ、これらいずれの「試練」のときでも
人はいつも、高次の存在に護られながら物理的な世界を生き抜いていることは
間違いありません。

そして、根気よく助けを願いつつ「試練」に臨むなら
必ず、道が開けます。
これだけは、どんな疑いの気持ちが訪れようとも、
どうか「信じ抜いて」ください。

もし、「喜び」だけに生きたいなら
わざわざ、この世に生まれて来る必要はありませんでした。
なぜなら、魂の至る世界には「喜び」が溢れているからです。

つまりここに、ひとつ・・・「試練」というものの「秘儀」が隠されています。

何かで、どうしても「苦しい」とき、
どうぞ想いだしてください。

その「試練」は、体験を望んだ「勇気ある魂」のみが挑むことのできる
聖なる開拓の道であることを。
その先には必ず、「この世」での喜びと栄光の光が待っていることを。

imagesCA8GNGD6.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=T9TLmTWKiCM





スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/66-dcc65def

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。