Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「水」のこと・・・

Posted by 世羽 on 21.2013 科学とスピリチュアル   0 comments   0 trackback
ひとつ前の終わりごろに、ちらっと、水のことをメモった。
で・・・その補足を書き残しておこうと。
(つぶやき)・・・と・・・今日は下が「やけに」静かだ。
う~ん・・・と唸ってみる。

水の流れimages

日本人にとっての水は、けっこうどこにでもあって、あることが当たり前。
そう気にとめる存在でもありません。

地球の表面あたりにあるもののうち70%を占める水。
人間の身体も平均で約65%(60~70%の間)は水。
・・・似ています・・・。

水が暖まりやすい温度は35~40℃と言われ、
人や、ほ乳類の平均体熱もおよそ、その範囲に含まれています。

水は、ほぼ万能と言えるほどの溶媒です。

そして、水を擬人的に表現できるなら、・・・水は繊細かつ敏感です。

過去には、けっこうマニアックな一流の研究者もいて
ずいぶん昔から
水溶液で起きる化学反応の割合が、
太陽黒点の周期や爆発、月、宇宙からふりそそぐさまざまな宇宙線、
電気や磁場といったものに、
敏感に影響されていることをつきとめたりしていました。

当然ですが、身体の半分以上を水に支えられている人間も同じと言えます。
ですから、水の敏感さを人になぞらえて、
地球の最高の「感覚媒体」と呼んだ研究者もいます。

古代、水に宝石を浸して、それを飲ませ、病の治療としていたりしました。
今の医学で言うならお笑い草なのでしょう。
でも・・・案外これは、水の性質を伝えていたりするようです。

たとえば、何らかの抗体を含む水溶液を攪拌し、
その水溶液を何度も希釈して、抗体が跡形もなくなるぐらい薄めつづけたとします。
もう抗体がないので普通なら、それはただの水のはずですが、
白血球に影響を与えたりするのです。

どうしてそんなことになるのか、まだ答えはつかめていないと思いますが、
一説によれば、水が抗体の基本分子の「鋳型」の役目を果たしたのかも・・・
そこには情報の伝達があったのかも・・・
などと言われています。

過去には、物理学者のフレッド・アラン・ウルフなどが量子物理学を持ち出して
「脳のニューロン間の結合シナプス」で起こるように、
記憶というものが分子や原子規模で水に記憶される・・・
と主張したことがあります。

つまり、宝石(水晶など)を水に入れると水が宝石の周波数を記憶し、
それを抱えたまま、体内に入ります。
そして体内で、宝石の情報記憶をもって浸透していくのですから、
身体の波動にも変化がでるかもしれない・・・そんな可能性があるわけです。
現在は、ほぼ一笑にふされる事柄ですが、
可能性があるなら、その筋の人たちにはドンドン研究してほしいものです。



そして、水が情報を伝達し、記憶できる媒体であるなら
新しく得た記憶もさることながら、水の源の記憶も運ぶでしょう。

清浄な土地に自然水を数日埋めると、水の浄化作用が高まったという報告もあります。

また、ごく普通の人であっても
渓流や澄んだ泉の水は「活き活き」している・・・と、自然に感じられるでしょう。

よって、世界の諸種の「聖なる伝統」はこれらを鋭く感じ取り、
意識的にも無意識的にも
水を「アニマ・ムンディ」(世界の魂)の「感覚器官」と見なしたのです。

とりわけ、
地球の特殊な場につながる泉などが
ある種の神聖さを帯びるのもうなずけます。

そして賢者たちは感じていました。

水の力は「別世界の智慧」と、「神々の先見」を表す・・・
海、湖、神聖な泉には不思議な力が宿る。
そこは「超自然的な存在」の住処でもある。
そして、そこには「別世界の入り口」もある
・・・と。

ちなみに
水を愛情深く攪拌してやると、そこには「愛」も伝わるでしょう。
家庭の食事で、お風呂で・・・その他あらゆる場面で
たくさん愛を創りだして水に送ってみるのも・・・楽しいです。

水と地球images

今日あたりから、ふと目にした水が、実は不思議なもの?・・・などと感じ
何やら愛おしくなってくれたりなんぞしたら
さらに嬉しいです。


http://www.youtube.com/watch?v=nSENolWbyYQ




スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/68-b611365c

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。