Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「虚空の穴」・・・

Posted by 世羽 on 26.2013 不思議考   0 comments   0 trackback
(つぶやき)神はサイコロを振らないらしいし、たぶん「気まぐれ」なんかで時空の壁をぶちこわしたりもしないと思うが、だとすると、依然として残存する地球の異常なエネルギー・スポットや、突然の「虚空の穴」みたいなやつは、やっぱ地球の自然な姿か・・・。

バミューダthe-mysterious-bermuda-triangle-where-mark-stevenson


遠い昔、子供のころ、
「 寝返りを打った直後にストーンとどこかに落ちて、目覚めたら、そこら中の文字が逆向きの世界に居た・・・」という話を聞き、
おちおち寝てもいられない・・・などと真剣に思ったことがありました。
今思えば笑い話です・・・。

で、昨年末にはアセンションがどうのこうのと騒がれ
魂のお友達が世界を異にしたり
街ごと別の世界に移行したり
そんな話が飛び交っていました。

そんなことを思いつつ、ちょっとアナザー・ワールドのことを。

*****

カナダのオンタリオ湖の傍らに「マリス・バーグ・ボルテックス」と呼ばれる磁気異常のポイントがあります。
この周辺は、政府によって磁気異常についてなどの科学的調査がされた場所で、
オンタリオ湖の東端では、顕著な「核力低下」が認められています。
原子核を構成している結合力を低下させるこの領域は、
柱状をなしながら天空へと伸び、高さにして数千メートル直径にして約300メートルの形を維持しながら、移動しているといわれています。

当然ながら、不可思議な船舶事故なども生じており
古くは1800年代、オンタリオ湖では、突如水中からそびえたつ謎のモノリスが目撃され、
それに引き寄せられたカナダ政府の帆船が、
一瞬のうちにそのモノリスと共に消滅した記録が残っています。

こうした異常な現象を起こすと思われる大きなポイントが、
世界では、南と北のほぼ同緯度上に並んでいます。
これらの箇所では、これまで飛行機や船舶の消失事件が相次いでいたため
「魔の領域」として、多くの人に知られるところとなりました。
(そうした消失事件の話はたくさんあり、これまでもたくさん語られていますので、
今は省略します)

消失ゾーンbermuda_triangle_real_facts

上の地図を見ればおわかりのとおり、
あの、超有名なバミューダもこの中に含まれています。

バミューダトライアングルimages

ここは、また特殊な場所で、近くにモントークの米軍の秘密施設などがあったことで
その実験の影響があげられたりしますが、
それ以前に
そもそも地球規模のレベルで、通常とは異なるエネルギー・ポイントでした。

でした」と、過去形で書くのは、
この地球が営みを変化させるなかで、
これまであったエネルギーのボルテックス・ポイントが閉じ気味になっている可能性が高いからです。

そういう意味では、地球は確かに変化しているのです。
というより、「一時的」に安定していると言ったほうがいいかもしれません。

で・・・。

アセンションで騒がれた
別の世界への移行のことですが・・・。

微妙に異なる世界を選択して「そうなった・・・」という意味なら
絶えずなされている、人の選択によって
必ずしも特別なアセンションというものがなくても
日常茶飯事で皆に起きています。

つまりそれは、わずかに異なる並行世界への分岐ということで
次元の異なる世界に移行したわけではありません。

問題は、まったく別の世界へ人が足を踏み入れるときです。

これには、今の時点で二つの可能性があげられます(ただし肉体を有する条件つき)。

意識の向上なしに、突然、全く別の世界に移動してしまう。

心身ともに周波数が高まり、現時点に居る世界の臨界を超越して世界を移してしまう。

前者は、いわゆる過去の消滅事件に見られるように、
ごく普通の生活をしていた人が何らかの物理的な条件によって、消えてしまう事例です。
たとえば、アメリカなどで、とある森林地帯に観光で訪れていた二人の女性が、
彼氏たちの目の前で、ゆらぐように消えてしまった事件などがあります。
これは、異なる3次元世界への移行や、次元の狭間に落ち込む事故のようなもので、
あまり気持ちのよいものではありません。

そういう意味で言えば、これまで「魔の領域」で行方不明になった
航空機や船舶、また兵士の集団消失など・・・
異なる「3次元世界」へ・・・ならまだしも
もしかすると、後戻りできない「虚空の彼方」に消えた可能性を考えると、
胸が痛むものです。

一方で後者は、いわゆる聖なる人たちが自らの波動を高め、
次のステージとなる次元へ移行した場合などです。
これは今のごく普通の人たちが、いくらそうなりたいといっても
そう易々とこなせるレベルではないでしょう。

ときおり「ワープ」や「テレポーテーション」が、これらと混同されることがありますが
これは、どのような筋道を通して「ワープ」しようが「テレポーテーション」しようが
それは同次元から同次元へ、また同じ世界から同じ世界へのジャンプです。

上記した、地球規模のエネルギー・ポイントの他にも
地球上には無数の「虚空の穴」のようなものが点在しています。
また、ときおり、とんでもないところに出現することもあります。

存在できるかどうかもわからない
「虚空の彼方」などへは、
まかり間違っても、引き込まれたくありませんね。

そんなことで、
こんな上の話なんぞ・・・よりも

当分、平凡に
身体を通しての「魂の修行」を楽しんでお過ごしください。

ほんとうに、何より日々を感謝し、楽しく、明るく、喜んで
それぞれに応じた魂磨きを、
たんたんと実践していく幸せを感じるにつきると思いますから・・・。

―――「ひとつひとつの小さな歩みは
        ひそかな心の喜びとなる」―――
作者不明の金言から



http://www.youtube.com/watch?v=01tcFu_Vazo




スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/72-fe30acca

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。