Loading…

スポンサーサイト

Posted by 世羽 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グリーンランドの人魚報道」から宇宙まで・・・かなりロマン

Posted by 世羽 on 08.2013 不思議考   0 comments   0 trackback
(つぶやき)体調がいいときは「心」の調子もいいわけで。寝てないわりに体調がいいのは心が充実しているのか?・・・いや、というより、もしかしてサプリメント(ニンニク)のおかげ? いや、大切なことを忘れるところだった。
神様いつもお護り・・・ありがとうございます。そして自分・・・ありがとよ。

スペース画像2013images

何やらネットでグリーンランドの人魚の映像が流れていました。

「アニマルプラネット」(UK)からの話題だそうで
一応貼り付けておきます(ロケットニュースさんから拝借)。

【動画】動物専門チャンネル「アニマルプラネット」の特集が物議 /グリーンランド深海で謎の生物が撮影される

動物に関連する番組を提供するチャンネル、「アニマルプラネット」が最近放映した内容が、海外で物議をかもしています。

人魚は実在するのか?:このチャンネルは最近の放送で、人魚の特集を行いました。人魚とは半人半魚の空想上の生物とされています。人魚のさまざまな噂を検証するという内容だったのですが、そのなかで紹介された動画に、謎の生物が映りこんでいるのです。これは本当に人魚なのでしょうか?

グリーンランドの近海600メートル:番組で紹介された動画は、グリーンランドの近海600メートルの海底を撮影したものです。海洋学者トーステン・シュミット氏の研究チームは小型の潜水艦で、海底探査を行っていました。すると、突然船外から人の手のようなものがあらわれたのです。

未知の海洋生物:船外から窓に触れた生物は、くるりと体をひるがえしてどこかへと逃げ去りました。その姿は今まで知られている海洋生物とまったく異なります。人魚のような 体つきをしていると言っても良いでしょう。しかし映像に映っているのは、ほんの一瞬であるため、その全貌をとらえきることはできませんでした。

世界の視聴者が注目:この日の放送は、記録的な視聴者数を獲得したそうです。謎に包まれた人魚の存在に、高い関心が集まったのではないでしょうか。

でっち上げとの噂も:しかし、放送内容に疑問を持つ人も少なくありません。一部の海外メディアでは、でっち上げとの指摘もあります。ですが、公開された映像を見る限り、説明のつかない生物が映っていることに間違いないのです。はたしてこの生物は人魚なのでしょうか。謎は深まるばかりです・・・。


グリーンランドの人魚index

グリーンランドの人魚別画像index

これって・・・。なにか、グレイの親戚のようなwwwww・・・。




そしてついでに・・・海を飛び出し、宇宙に目を転じて・・・。

地球の属する銀河、
ここに存在する恒星の0・5%は、「最低でも1個」の惑星を持っており

さらには
地球とよく似た惑星が「6億を超えて」存在し、
その誕生は平均して、地球より15万年以上、進んでいる・・・。
これは、とあるシステムで算出された話です。

この算出でいくと、宇宙全体でいけば、
望遠鏡で捉えられる恒星が「100万兆個」を超えているのですから、
知的な地球外生命体の数が、どれほどの数にのぼるかわかりません。

なので、地球に来ている地球外生命体の数など、ほんの一握り、ということになります。
また、その地球外生命体同士も認識しあえない、そんな状況も存在します。

地球から見て、どれだけ文明が進んでいると思しき地球外生命体の話も
宇宙全体で言えば、ときには「小さな話」だったりする・・・。

そして・・・。

数百万年前に、他銀河の、とある恒星が終焉を迎え、
そこに属する惑星系の生命体が移住を決意したとします。

その生命体は、さまざまなところに行けるような
光の身体を持つほど進化を遂げており、
自分たちの新たな母星を捜すため、宇宙の色んなところに出向きます。

そして、移住に適合する地球を見つけた彼らは
地球自身、そしてその「霊的システム」とコミュニケーションをはかって
大群入植の許可を得ます。

さて、光の身体になって・・・どうして星が必要なのか。

これが、あまり語られないこと。

つまり、光の生命体になっても、まだ・まだ星が必要なのです。

星から星へ魂が移動するにも、実はルールがあります。
そう、簡単なことではありません。
特に、大量の魂が集団で移動するときなどは・・・。

また、単一の魂が、星から星を巡り歩くというのも
実際、その魂がどの程度の存在なのか、が問われます。

流れている情報が真実のこともあれば、
一方で、ファンタジーな脚色をされている場合があるのも事実です。

星から星へと移動するには、
まず自らが生を受けた星系をこよなく愛し
今いる惑星を愛し、そこにいるすべてを愛し抜くことが課せられます。

でなければ、魂は惑星の敷いた「霊的なシールド」の外へ飛び出すことが叶いません。
たとえ意識は飛ばせても、魂自体はそこに繋がれているのです。

だとしたら
本当の「宇宙的な魂」になるには
何が必要でしょう・・・。

光りの生命体イメージimages

霊性の世界に興味がある人なら、
何となく・・・お察しいただけるかもしれません。


週末なのでUFOづくしで、どうぞ。




スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tokitabiyohane.blog.fc2.com/tb.php/85-35e16b10

プロフィール

世羽

Author:世羽
心のなかに響く声なき「声」を、ひっそりと語ろう・・
ふと、そう思いたった無名の求道者(?)・・です。
すべての人が幸せに
喜びに満ちて生きることができますように祈っています

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。